1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今すぐに廃絶を!「脱法ハーブ」には覚せい剤を上回る幻覚や妄想がある

最近毎日のように報道されている脱法ハーブですが、なんと幻覚や妄想を引き起こす確率は覚せい剤を上回るというデータが出ているようです。このような現状を踏まえて考えますと、すぐに法律を作り直し脱法ドラックが出回らない措置を即刻とる必要があると思われます。

更新日: 2019年08月24日

29 お気に入り 46178 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

PINKMOMOさん

連日脱法ハーブ関連のニュースが絶えない

最近本当に多いという印象を受けます。

15日朝、東京・新宿区の交差点で、ワゴン車に追突されたタクシーがさらに前の車に追突する事故があり、4人がけがをしました。ワゴン車を運転していた男が「運転の前に脱法ハーブを吸った」と話している

東京・池袋で脱法ハーブを吸った男の運転する男が暴走し、8人が死傷した事故が起きた

12日、大阪で乗用車がトラックに追突するなど2件の交通事故があり、いずれも車内などから、脱法ハーブとみられる植物片が見つかりました

兵庫県加古川市内の国道250号で、低速で中央分離帯に接触しながら走行する不審な乗用車をパトロール中の警官が発見した。運転していた22歳の男は意識朦朧の状態で、警察は脱法ハーブを使用したものとして、現行犯逮捕している

社会の関心も高まっている

皆が注目しています。

@manaponpoko いや、ほんと!!何か?どうかなってるの?? 脱法ハーブを吸引しての、ひき逃げ殺人事件が、毎日連続して起こってる!!●~*(>_<)

80かよー 100やと思ってただけやのに ほんまにー こんな学生捕まえるなら脱法ハーブの事故どーにかしろよー

最近脱法ハーブの事件多すぎて実は業界が仕掛けたステマなんじゃないかと疑ってる

他人事ではないですね。 自分がしていなくても、対向車から突っ込んできくるかもしれない。 脱法ハーブも同じだし、飲酒運転も同じ。 fb.me/3or11LGrM

脱法ハーブには覚せい剤を上回る幻覚・妄想作用がある

病院の検査にて明らかになっています。

全国の病院で入院・受診した脱法ドラッグの乱用者について、厚生労働省の研究班が調べたところ、幻覚や妄想の症状が覚醒剤を上回る4割超の人で出ていたことがわかった。

研究班は、精神科病床がある全国1609施設で、2012年9~10月に治療を受けた患者を調べた。1136施設が回答し、1年以内の薬物使用者(脱法ドラッグ126人、覚醒剤138人、睡眠薬・抗不安薬86人)を分析した。

実際には覚せい剤より強く危険な成分も含まれ、乱用で命を落とす人がいる

なぜ、覚醒剤よりも強力なのか

なぜ、ここまで強力な作用があるのでしょうか。

合成カンナビノイドと呼ばれる大麻に似た物質で、薬事法や東京都の条例による規制が及んでいないものの幻覚作用などがあり、依存性が高い成分含まれていることもある

乾燥植物に、覚醒剤や大麻の成分に化学構造を似せて作られた物質などを混ぜ込んで造ったものであるため、大麻などの規制薬物よりも毒性が高い場合がある

ハーブには何が含まれているかわからないものも多く、国内では最も危険な薬物だと医療センターが指摘している

人にどのような作用するかの作用秩序が全く分かっていないが故に、使用すると何が起こるか分からないケースが多いようです。

脱法ドラッグと一括りにしても、その成分や、人体への影響、影響を与えうる含有率などは、製品によって大きな違いがある

品質が一定でないため、時に薬物が多く含まれたものを使用してしまうと、幻覚や妄想が強く出ることがあります。

現在の脱法ハーブ(脱法ドラック)への対策

厚生労働省は、健康被害を引き起こすおそれがあるドラッグを「指定薬物」として取締りの対象としていますが、指定までには半年程度かかる

「指定薬物」になると、薬事法により、輸入・製造・販売・授与・販売・授与目的での貯蔵・陳列・所持・使用・購入・譲り受けが禁止されます。

違反した場合には、3年以下の懲役、又は300万円以下の罰金、又はこれらが併科されることになります。

しかし、それでは遅いとの判断により

販売する業者が次々と新しい合法ドラックを作り出すので、従来の取締法では取り締まりが追い付きません。

1 2