1. まとめトップ

【大阪梅田・大型書店激戦区に】蔦屋書店、梅田に進出を発表。三越伊勢丹は百貨店激戦区から事実上撤退。

JR大阪三越伊勢丹の縮小により空いてしまう駅ビル9階フロアに、蔦屋書店が進出することが発表されました。オープンは2015年春。梅田は百貨店の競争は緩和され、大型書店の激戦区となりそうです。※蔦屋書店は2015年5月8日オープン予定。

更新日: 2015年04月23日

31 お気に入り 98929 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気散じ屋さん

百貨店激戦区から本屋激戦区へ

JR大阪三越伊勢丹」は27日、改装工事前の最後の営業を終えた。

地下2階の食料品売り場と10階のレストラン街を除き営業を休止。

現在の大阪三越伊勢丹は7月27日営業終了。
販売不振のため百貨店部分を約6割縮小し、専門店街「ルクア」との一体運営で、2015年春にリニューアルオープンするらしい。(ルクアは2014年秋にリニューアルオープン)
そのため、空いてしまうフロアに、新たに蔦屋書店が出店するとのニュース。

大阪駅ビルにカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が運営する大型書店「蔦屋書店」が入居すると発表した。

現在、JR大阪三越伊勢丹のフロアである。
阪神百貨店、阪急百貨店、大丸梅田店、そしてこの伊勢丹と、百貨店の激戦区であった梅田(大阪駅周辺)だが、伊勢丹は規模縮小(事実上撤退?)するらしい。
その9階のフロアにTSUTAYAを運営するCCCの蔦屋書店が入るとの発表。

書店は面積約4000平方メートルの9階フロアに入る。

果たして、どのような書店になるのか・・・・

蔦屋書店        約4000平方メートル

紀伊國屋書店梅田本店  約3000平方メートル
紀伊國屋グランフロント 約3500平方メートル
MARUZEN&ジュンク堂  約6800平方メートル
ジュンク堂大阪本店   約4800平方メートル
ジュンク堂梅田ヒルトン 約2100平方メートル

蔦屋書店とは

TSUTAYAなどと同じ、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)の書籍・雑誌販売事業。2011年オープンの「代官山 蔦屋書店」が有名だが、CCCとしては、佐賀県武雄市にある武雄市図書館運営の指定管理者であったりする。

大阪駅ビルにできるものが、代官山 蔦屋書店と同様の機能・イメージだとすると・・・

書店内部にラウンジ、カフェ、トラベルカウンターやコンビニなどがあるほか、
「DAIKANYAMA T-SITE GARDEN」として、周辺に動物病院、玩具店、美容クリニック、レストランなどの専門店も。

代官山蔦屋書店は、書店を核とした新しいエリア開発というか、業態というか、で成功しているが…

しかし、梅田の場合、蔦屋書店を核にして開発するというよりも、すでに開発された場所、しかも都心部にテナントとして出店することになる。

この写真の9階フロアに出店

現在、伊勢丹の10階には飲食店、11階には映画館などがある。これは改修されない。

屋上。
正確には伊勢丹の屋上ではなく、大阪ステーションシティのノース・ゲート・ビルディングの11階。映画館の前。
さらに上に行くと、屋上農園がある。

すでにモノ・カタチができているだけに、代官山 蔦屋書店のように、主体的にイメージ・機能をつくりだすのは難しいと思われる。

何より、梅田は書店激戦区。競合との差異化のために、どのような蔦屋書店を目指すのか。

駅ビルとはいえ9F。他の大型書店と比較して、必ずしも好立地とは思えない。
都心部、駅ビルへの出店、9階などの条件を考えると、代官山の成功事例をそのまま展開できる場所でもないはず。
当然、蔦屋書店側もわかった上で、勝算ありと判断しての出店だろうから、代官山とは異なる仕掛けがあるのか。いろいろ期待してしまう。

梅田以外で、蔦屋書店が関連する機能・サービスは・・・盛岡・新宿・藤沢での事例

初の直営カフェ「カルフェ」を併設した大型複合書店「MORIOKA TSUTAYA」(盛岡市)をグランドオープンする。

写真は、CCC直営のカフェ「カルフェ」。

このような新規事業も始めているよう。会社としては利益アップだろうが、利用者としては代官山蔦屋書店のスターバックスでも同じ。

梅田で、競合との差異化のため、カフェ機能だけとは思えない。思えないのだが・・・どうなんだろう。
ゆっくりできるカフェ機能があれば一定の集客は見込めるとは思う。しかし、9Fに上がる動機づけとしては弱いようにも思うのだが。

蔦屋書店と競合する梅田周辺の大型書店はこんな感じ ↓

蔦屋書店        約4000平方メートル

紀伊國屋書店梅田本店  約3000平方メートル
紀伊國屋グランフロント 約3500平方メートル
MARUZEN&ジュンク堂  約6800平方メートル
ジュンク堂大阪本店   約4800平方メートル
ジュンク堂梅田ヒルトン 約2100平方メートル

◎紀伊國屋書店 梅田本店

面積  3000平方メートル
営業時間 10:00~22:00

大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街
http://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Umeda-Main-Store/

◎紀伊國屋書店 グランフロント大阪店

売場   3500平方メートル
営業時間 10:00~21:00

大阪府大阪市北区大深町4-20グランフロント大阪ショップ&レストラン南館6F
http://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Grand-Front-Osaka-Store/

◎MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店

売場   6800平方メートル
営業時間 10:00-22:00

大阪府大阪市北区茶屋町7-20チャスカ茶屋町 地下1F~7F
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/store_detail.php?store_id=13

1 2