1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

デニーズのメニュー原画

デニーズも昔はラジオをやったり、カルチャー的な遊びとか、ミニ冊子なんか作ったりして洒落っ気があったんですけどね。当時のメニュー担当者が僕の絵を気に入って、「使いたい!!」と上司を熱心に口説いてくれましてね。でもずっと上層部の偉い人たちに反対されて(苦笑)。それまでは、浅井慎平さんの写真とか、鈴木英人さんや日比野克彦さんみたいなアーティストの作品とかで作っていたので。漫画家なんか使えんというような風潮があったようで……。そんな経緯の中、その担当者がまずはそのミニ冊子に僕の絵を使い、上層部を徐々に押し切って本メニューに採用となり、結果的にとても評判で、5年間もやらせて頂きました。

2012年に開催された『江口寿史原画展 [tone]』

本日5月9日で最終日を迎えたtone展。

いつも写真撮影に寛大な先生に甘えて全作品を紹介させてもらおう。
残念ながら、行きたかったけど行けなかった人もいると思うので、使命感に燃えてチェックしてきました。(会場内は撮影化で、ご本人も「ブログ?どうぞどうぞ」とあっさり許可)※でも、怒られたら消去します。

行けなかったのでこれはありがたい。

江口寿史が80年代~90年代を通して、
今やなき画材PANTONEで制作した作品の中から、自身が選んだ原画35点を展示、販売します。

「すすめ!!パイレーツ」、「ストップ!!ひばりくん!」などで知られる江口寿史氏の原画展[tone]が、4/26(木)より吉祥寺のリベストギャラリー創(武蔵野市吉祥寺東町1)で開催されている。

パントーンでの制作について

僕はイラストレーターの湯村輝彦さんが使っているのを見て、かっこいいなーと思って使い始めたんです。圧着が強すぎて、剥がそうとしたら下絵ごと削れちゃったりとか、意外に扱いが面倒くさいんですよね。使いづらくて諦めた漫画家もたくさんいるみたいだし。大友さんは、どうやって剥がしてました?

グッズ

デニーズのイメージキャラクターを江口寿史が描いててね。
メニューのイラストとかも。
こんなポスターも売ってたのよ…デニーズで!

ご覧のとおり、別段なんのことはないクオカードです。
(江口寿史マニアなら価値はあるかもしれませんが)
なぜ、これが「ボク宝」かと言えば、このカードの入手先がポイント。

まだ中学生だったころ、住んでいた町はこれから発展…という風情でした
そこへ駅から続く大通り沿いにファミリーレストラン、デニーズができました
これで友達とおしゃべりできる場所が増えた!と喜んだものです

そして・・・たしか出店記念だか、何かのイベントであったか、
お店でもらった3枚のポスカ。なんだか懐かしいです

デニーズのイラストが収録されてる本

1990年代の作品、広告のためのイラストレーション、アニメのキャラクター、本の装幀のために描いた似顔絵や外国人、CDジャケットなどを中心に収録。得意の美少女はもちろんのこと、「アニメ『老人Z』」「キャラクターデザイン」「『デニーズ』の広告」「雑誌の表紙絵」「若者の風俗」「タンタン風に」「CDジャケット」「似顔絵のこと」「外人を描く」ほかをテーマに…。

1980年代~90年代に発表した、漫画の表紙絵、雑誌の挿絵、本の装丁画、広告、アニメのキャラクターデザイン、CDジャケット用イラストを収録。95年刊の2分冊を普及版として1冊にまとめる。

1980年代、90年代に描いたイラスト作品、雑誌表紙画、単行本のカヴァーイラスト、「デニーズ」のメニュー用イラストなど、美少女のイラストを含む45点が、32葉のポストカードに。作品集『江口寿史の世界』以後の新作12点も収録。

デニーズCM動画

江口寿史公式ページ

1