2004/09/30(木)

栃木県小山市で幼い兄弟2人が同居の自称会社員下山明宏容疑者(39)=同市神鳥谷=に誘拐、殺害された事件で、小山署捜査本部は30日、2人の父親で塗装工小林保徳容疑者(40)=同=を覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕した。小林容疑者は容疑を認めているという。
 捜査本部は下山容疑者に対しても逮捕後に尿検査を実施。覚せい剤反応が検出されていることから、覚せい剤をめぐり、2人の間でトラブルがなかったかや、入手経路などについて追及する。
 調べによると、小林容疑者は8月下旬ごろから9月初旬ごろまでの間、栃木県内か近県で覚せい剤を使用した疑い。 

http://diary.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/ryuno0914/?Y=2004&M=9&D=30

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

栃木兄弟誘拐事件まとめ【下山明宏】

栃木兄弟誘拐事件(とちぎきょうだいゆうかいじけん)は、2004年9月11日、栃木県小山市で兄弟(4歳と3歳)が誘拐され後日、遺体で発見された事件。被害者家族が同居していた家の家主の男が逮捕された。

このまとめを見る