1. まとめトップ

韓国の川が、まるで抹茶ラテみたい!【韓国4大河川整備事業で腐った川】

暑さと梅雨のせいで例年よりも早く川が抹茶ラテのように・・・韓国のアオコで覆われたグリーンの川についてまとめてみました。浄化作用のある川なら数日で消える緑藻現象ですが、4大河川整備事業のせいで川の流れが滞っているため、数か月続く見込みです。

更新日: 2016年06月27日

7 お気に入り 62898 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

サユコさん

洛東江が尋常でない・・・川底に汚染物質が沈殿

洛東江のアオコ。2015年。

韓国の誇り「漢江」に毒アオコが大発生中

漢江は韓国を代表する大きな川。その漢江では、あちこちにウナギやボラ等の魚が腹を上に向けたままふわふわ浮かんでいる。

漢江(ハンガン)下流でアオコが発生して漁師が死んだ魚を回収した。写真は回収した魚と緑色のハンガンの水。
(2015/6/28)

韓国の前大統領による、4大河川整備事業が川を腐らせた

緑藻現象。川の水が腐りつつある。(2014-06-30)

濃厚な緑色で染まっていて激しい悪臭が漂う。

なんとなく美味しそうですが、ひどい悪臭だそうです。

韓国4大河川整備事業とは

韓国の「4大河川再生整備事業」とは、漢江・錦江・栄山江・洛東江の4つの河川で2009年に始まった大規模な土木工事。(それぞれ、ハンガン・クムガン・ヨンサンガン・ナクトンガンと読みます。)
浚渫(しゅんせつ)工事、調整池やダムを建設、堤防を整備、自転車路建設など、総額22兆ウォン(約1兆8000億円)以上という大型公共事業で、韓国前大統領・李明博によってすすめられました。
当初は、自然災害の防止と水資源の管理という目的がありましたが、実際は河川の流れが遅くなり、酸素濃度も低下し、水質の悪化という散々な結果になりました。
また、雇用も当初の想定より大幅に下回り、河川工事の維持費は毎年数千億ウォンがかかるとか。韓国国家財政に大きな負債を残しました。

ラムネットJでは、今年2月末と7月上旬の2回にわたって市民視察を行いましたが、防災や利水などの事業目的は口実で、実際は多大な環境破壊を引き起こす有害事業であることが分かりました。特に工事によって渡り鳥の餌場として重要な河川付近の湿地や水溜まりなどが破壊され、幾つものダム建設により山・川・海のつながりがズタズタに切り裂かれている光景は目を覆うばかりでした。

4大河川整備事業は、生態を壊す結果になったそうです。

オオマリコケムシという謎の外来種生物も増加中

アメリカ東部原産の生物。外肛動物オオマリコケムシ科に属するコケムシの一種。

栄山江に住むオオマリコケムシ。毒性は無いそうですが、食べても生臭くまずいそうです。

1