1. まとめトップ

【80年代洋楽】今だから聴きたい80'sベストヒット30【名曲】

POP・ディスコ・ロックなど様々な名曲が生まれた80年代洋楽。よくCMやドラマでも使われているので耳にしたことある曲も多いと思います。キャッチーなフレーズで思わず口ずさみたくなります。ドライブにおすすめです。

更新日: 2014年09月20日

433 お気に入り 3038490 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■テイク・オン・ミー / アーハ (Take on Me / a-ha)

ノルウェー出身のバンド、アーハのデビュー・シングル。1984年に発表。ノルウェー国内で第3位を記録し、再アレンジした作品を85年にリリース。全米第1位・全英第2位を獲得した。

■スリラー / マイケル・ジャクソン (Thriller / Michael Jackson)

マイケル・ジャクソンの曲。アルバム「スリラー」(1982年)のタイトル曲。翌年シングルカットされ、全米第4位を記録。ジョン・ランディスの監督による14分近い大作のプロモーション・ビデオは高評価を得、ビデオ内に登場するゾンビのダンスが人気となった。

■ロックバルーンは99 / ネーナ (99 Luftballons / Nena)

西ドイツのロック・バンド、ネーナの曲。1983年に発表、ドイツ語のナンバーながら、翌年全米第2位・全英第1位を獲得。

■素直になれなくて / シカゴ (Hard to Say I'm Sorry / Chicago)

アメリカのロック・バンド、シカゴの曲。1982年に発表し、全米第1位を獲得。メンバーのピーター・セテラとプロデューサーのデヴィッド・フォスターによる作品。

■ライク・ア・ヴァージン / マドンナ (Like a Virgin / Madonna)

アメリカのシンガー・ソングライター、マドンナの曲。同名アルバム(1984年)からのシングル。全米第1位・全英第3位を獲得。ビリー・スタインバーグとトム・ケリーのコンビによる曲。プロデュースはナイル・ロジャース。

■カーマは気まぐれ / カルチャー・クラブ (Karma Chameleon / Culture Club)

イギリスのロック・バンド、カルチャー・クラブの曲。アルバム「カラー・バイ・ナンバーズ」(1983年)の収録曲。全米・全英で第1位を獲得、同バンドの代表曲となった。

■ロンリー・ハート / イエス (Owner Of A Lonely Heart / Yes)

イギリスのプログレッシヴ・ロック・バンド、イエスの曲。アルバム「ロンリー・ハート(90125)」(1983年)からのシングル。全米第1位を獲得。

■ジャンプ / ヴァン・ヘイレン (Jump / Van Halen)

アメリカのハードロック・バンド、ヴァン・ヘイレンの曲。6枚目のアルバム「1984」(1984年)からの先行シングル。5週連続全米第1位となり、バンド最大のヒット曲となった。

■フリーダム / ワム! (Freedom / Wham!)

イギリスのポップ・デュオ、ワム!の曲。1984年に発表。全英第1位・全米第3位を獲得。

■ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン / シンディ・ローパー (Girls Just Want to Have Fun / Cyndi Lauper)

アメリカ、ニューヨーク出身のシンガー、シンディ・ローパーの曲。邦題は「ハイスクールはダンステリア」とも。ソロ・デビューアルバム「シーズ・ソー・アンユージュアル」(1983年)からの先行シングル。翌年に全米・全英ともに第2位を記録。オリジナルは79年にロバート・ハザードが発表した曲で歌詞を女性目線に変更している。

■ボーン・トゥ・ラヴ・ユー / フレディ・マーキュリー (I was born to love you / Freddie Mercury)

1 2 3