1. まとめトップ

将来【老けない】ために若いうちから習慣付けたい7つのコト≪アーリーアンチエイジング≫

アンチエイジングは歳を取ってから行うものではありません。シワやシミが表れてからでは遅いのです!だから若いうちから早めにしっかりとケアをしていきましょう。日焼け止め、ほうれい線、大豆、ハンドケア…

更新日: 2015年11月06日

378 お気に入り 381723 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pioneeさん

◆初めに

お肌は年齢と共にシワや毛穴が目立ってきます。若いうちにUV対策などをしっかり行っていなかった場合は早ければ30前後でシミやくすみなども目立ってきてしまいます。これらの対策は早ければ早いほどいいのですが、誰もが症状が出始めてからあわてて対策を取り始める人が多いようです。

早めにケアするクセをつけておけば、その分だけダメージが少ない状態で回復に向かわせられるので、余分なエネルギーを掛けずに肌悩みが解消できたり、進行を遅らせることができるのです。だから、先手必勝で「アーリーアンチエイジング」に取り組むことをおすすめします。

◆若いうちからしておきたい7つのこと

①【日焼け対策】定番だからこそ絶対にはずせない

紫外線がシミの原因になることはほとんどの方がご存知だと思いますが、実はシミだけでなく、お肌の老化を全般的に促進してしまうことは、意外とご存知ないのではないでしょうか?
紫外線にはUVA(A波)とUVB(B波)などがあり、B波はシミの原因になる。というのは有名ですよね。
そして、B波よりももっと怖いのがA波で、肌の中のコラーゲンなどを破壊する事でお肌は弾力を失い、シワとたるみの原因になります。弾力を失い、シワが目立ち下垂したお肌は、一気に見た目年齢を上げて「老けた」印象を与えてしまいます。

しかし、毎日のように日焼け止めクリームを使用することで、肌の老化を鈍化させることができます。

日焼け止めの効果が強ければ強いほど、肌への負担が大きくなります。ですので異なる強さの日焼け止めを何本か買って、状況に合わせて使い分けましょう!

こちらは25年間トラック運転手をしていたアメリカ人男性の写真です。25年間ずっと顔の左側だけに日光が当たり続けていました。紫外線の影響がいかに大きいかが、よく分かりますね。

日焼け止めはこまめに塗りなおしましょう!

②甘いものなど、炭水化物はほどほどに

真皮にあるハリと弾力を保つコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質に糖が結合して、褐色の老化物質が蓄積。そうすると肌の弾力と透明感が失われて、のたるみや黄ばみ、くすみなどの肌老化を起こします。甘いものや炭水化物の摂り過ぎに注意して、食物繊維やビタミン、ミネラルなど体の酸化や老廃物の蓄積を防いでくれる食品を積極的に摂りましょう。

最近よく聞く糖化ってやつですよ……
甘いもの美味しいのに……

③目元のシワは老化の象徴

老けた印象をもっとも与えやすいのはやはり目のまわりのシワ、早くから対策をするにこしたことはありません。夜寝る前にはアイクリームを目元にしっかり塗ってとくに潤いと栄養分を与えてシワを予防しましょう。今はあまり目立たないと思っている人も、ライト感覚のアイクリームなどでケアする習慣をつけて。
この小さな積み重ねが5年後、10年後に大きな違いとなって表れてくるはずです。もちろん、日焼け止めをこのエリアにしっかり塗ることもお忘れなく!

④電車でもグルグル。彼の前でもグルグル。どこでもグルグル。

老け顔に見える大きな要因が「ほうれい線」です。
これがあると一気に顔が衰えて 老けて見えてしまいます。
しかし逆に言えば、ほうれい線がなくなると若く見えるという事になります。
アンチエイジングのためにもほうれい線をなくすために対策しましょう。

顔のシミやほうれい線を消して顔の歪みも改善する事が出来る「ベロ回し」という運動をご存知でしょうか?最近ではテレビでも多く紹介されるようになり、話題となっています。

べろ回し体操はいうまでもなく何の道具も必要とせず、ただ口の中で唇と歯茎の間に沿って、舌をぐるぐると回す運動です。回数は右回り20回、左回り20回を1日3セット。このとき唇は閉じるようにして舌の力に負けて口が開かないよう抵抗すること。

ベロ回しは本当に効果があります。騙されたと思って3日間続けてください。ほうれい線が確実に薄くなります。私は2日で目に見える効果が表れました。

⑤アンチエイジング食材は若いうちから

40代くらいになってくると、代謝も機能も落ちてきて「前更年期」の状態になり、ホルモンバランスも崩れやすくなります。そのため、エストロゲンの類似体を含む大豆を積極的にとりましょう。骨粗しょう症にもなりやすいので牛乳などでカルシウムもとりたいですね。いずれも「40代になってから」対策するのではなく、「若いうちから」40代の自分のためにとっていくのがポイントです。

⑥手は口ほどに物を言うんだよ

1 2