19世紀末からシオニズムに基づくヨーロッパからのユダヤ人移住がパレスチナ地域にふえており、イギリスの統治時代にはいっそう顕著となる。
1920年から1945年の間に、主に東欧からの367,845人のユダヤ人と、33,304人の非ユダヤ人がパレスチナに移入している。

出典イギリス委任統治領パレスチナ - Wikipedia

1930年代初頭からは、ナチス政権の成立と権力掌握にともなってドイツから多数のユダヤ人が(不法移民も含めて)一気に流入した。

前へ 次へ