1. まとめトップ

退職・異動で書く「寄せ書き」・「送別メッセージ」の文例

会社にいると必ず発生する困ったイベント。異動の寄せ書き。退職の寄せ書き。何を書いたらよいか困る人へ。文例です。

更新日: 2016年11月03日

145 お気に入り 2850474 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ataraxia10さん

異動の人へ

出典u-note.me

転勤や異動、または退職される上司や先輩へのメッセージ例です。
[ポイント]
(1)上司や先輩への送別メッセージには敬語を使う必要がある
(2)特に目上の人に対しては「ご苦労様」は使わない方が良いとされる。
(3)〇〇部長様、◯◯課長様というように、役職名に様を付けるのは二重敬語となるためNG。◯◯課長、〇〇部長だけで良い。

お世話になった先輩・上司へ送る場合

◯◯課長。
◯年間お世話になりました。
◯◯課長のおかげで、うちの課はいつも明るく楽しい職場でした。
新しい部署に行かれてからも、公私にわたり益々ご活躍されますようお祈りします。
ありがとうございました。

◯◯さん。
◯年間お世話になりました。
先輩がいなくなると思うと不安でなりませんが、教えて頂いた事を一つずつ思い出しながら業務に励みたいと思います。
いろいろと本当にありがとうございました。

◯◯さん。
お世話になりました。
お別れするのはとても寂しいのですが、人生におけるステップアップを目指しての決断とのことで、心から敬意を表します。
ぜひご自身の夢を実現されますようお祈りします。
今までありがとうございました。

先輩の退職

○○さんと一緒に働くことが出来て、楽しい思い出ばかりで懐かしさで胸がいっぱいになります。新天地でも○○さんらしさを忘れず、たまにはここの職場のメンバーも思い出してやってください。長い間本当にお疲れさまでした。

明日から〇〇さんがいなくなると思うと不安でなりませんが、
教えていただいたことを思い出しながら業務に励みたいと思います。
今まで本当にありがとうございました。

たくさんのことを教えていただき、ありがとうございました。
今後の活躍とご健勝をお祈りいたします。

先輩の姿にたくさんのことを学びました。
これからは一緒に仕事ができないと思うと寂しいですが、
たまには飲みに誘ってください。どこへでもお供します!

あまり親しくない場合けど、書かないといけない時

今まで、大変お世話になりました。ありがとうございました。
これからも、お身体にご留意されましてお過ごし下さい。
今後ともご指導の程よろしくお願い致します。

短い間ですがお世話になりました。
もっと一緒にお話やお仕事したかったのに残念です。
寂しくなりますが、○○にいっても頑張ってください。

在職中は色々とお世話になりました。ありがとうございました。

◯◯さん。
長い間お世話になりました。
長年のご功労に敬意を表し改めてお礼を申し上げます。
ぜひご自身の夢を実現されますようお祈りします。
今までありがとうございました。

先輩の退職

○○さんがいなくなるのはとても寂しいです。たまには顔を見せに来てくださいね。どうぞお元気で!

今まで本当にお世話になりました。今後ともよろしくお願いします。

いなくなるなんて信じれない気持ちでいっぱいです。
これから環境がかわって大変だと思いますが、新天地でも頑張ってください。

「新天地でのご活躍をお祈りしています」
「さみしくなりますが○○にいっても頑張ってください。」

親しくしていた人へ送る場合

「○○さんの頭の回転の速さに驚きました。」
「細やかな心遣いのできる方と仕事ができて勉強になりました。」

「いつも書類のきれいな字に癒されていました。」
「○○の時フォローしてもらってありがとうございます。」

「一緒に仕事ができ、学ばせていただいたことがたくさんありました。」などは先輩に。
「一緒に仕事ができ、楽しかった」は同僚がいいでしょう

入社以来ずっと一緒にやってきた○○がいなくなるなんて、まだ信じられないよ。( ̄□ ̄||)また連絡するから、みんなで飲み会しようね。

いままでいろいろ助けてもらって、本当にありがとう。これからも○○らしい素敵な人生を歩まれますよう願ってます。

一工夫?!英語で!

Good luck on your new journey.
「新しい門出の成功を願っているよ」

I will never forget you.
「あなたのことを絶対に忘れません」

1 2