1. まとめトップ

食べても太らないカラダ作り☆脂肪燃焼&代謝アップさせる食材BEST20

脂肪燃焼&代謝アップさせる食材をうまく取り入れることで、太りにくいカラダになっていきます。これらの食べ物・飲み物によって、カラダに溜まってしまった脂肪を燃焼させやすくした上で、有酸素運動などを組み合わせるとダイエット効果が高まります。

更新日: 2015年05月25日

88 お気に入り 36938 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

GohanUSAさん

お腹がいっぱいになるだけでなく、実際に体重減少を促進させます。17オンス(約500ml)の水を飲んだあと40分間、代謝が30%向上しました。

一日に1.5リットル飲めば、年間で1万7千400キロカロリーも余計に燃焼させることができるそうです。

http://www.biranger.jp/archives/40517

トマトに脂肪燃焼に効果があるということは有名な話ですよね。
●やせルール:1回に食べる量は、トマトは1個(約150 g )、ミニトマトなら約10 個、トマトジュースはコップ1 杯(200ml)が目安です。最低2週間は続けてみましょう。

http://fytte.jp/tips/tabeyase/1208/3_13.php

黒酢や香酢には必須アミノ酸が豊富に含まれているので体脂肪の燃焼を活発にし、体内の老廃物を排出し、むくみ予防に効果的です。

食後に10ml摂取が理想。
フルーツと組み合わせてスムージーや炭酸割りにすると飲みやすくなります。

http://matome.naver.jp/odai/2140586188281168301

カテキンなどのポリフェノールは軽度の熱発生を促すとともに、炭水化物に対する欲求を減退させる作用があるとも言われます。1日に2~4杯のお茶を飲む習慣をつけ、運動前にもお茶を飲むことで、代謝を高め脂肪燃焼を促進させることができます。

http://gigazine.net/news/20110311_foods_to_burn_fat/

コーヒー、玉露、ココア、紅茶など
カフェインには脂肪を分解する成分があります。脂肪は分解しなくては燃焼出来ないのですが、よく、有酸素運動を20分以上しなくては効果が無いと言われているのは、脂肪を分解する時間が20分いるからです。カフェインを摂るとこの脂肪分解力が高まり脂肪燃焼に有利に働きます。

http://777news.biz/n/2013/04/30/22174

酸化しにくいオレイン酸を含み脂質代謝や糖の代謝を活発にしてくれます。

http://josei-bigaku.jp/health/sibouhutoranai27577/

脂肪が豊富だと言われているアボカドはダイエットには不向きでは?と思っている人も多いかもしれませんが、アボカドの脂肪は中性脂肪になりにくく、オレイン酸が豊富なので脂肪燃焼に効果があると言われています。

http://josei-bigaku.jp/health/sibouhutoranai27577/

乳製品がダイエットの邪魔になるというのは間違いです。実際はその逆。テネシー大学の研究では、3食、乳製品をとることで肥満の人の脂肪率が減少することが分かりました。

また摂取し続けることで、脂肪や体重の減少を速めていく働きもあります。

http://www.biranger.jp/archives/40505

クルミに含まれる脂肪酸にはコルチゾールなどのストレスホルモンの濃度を低下させる効果があることが研究により示されています。コルチゾールは炭水化物や脂肪の代謝を制御するホルモンですが、過剰分泌は血圧や血糖値を上げたり、体重増加につながるそうです。

http://gigazine.net/news/20110311_foods_to_burn_fat/

食物繊維、善玉脂肪も豊富な貴重なタンパク源。いつも食事に取り入れることで、効率よく脂肪を燃焼し、体重を減らすことができる。カルシウムも多く含むため、骨の形成を促進し、食欲も抑える。1日の摂取量は25~30g(20粒程度)が目安

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52160778.html

満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぎます。2006年の研究では、食欲が29%減少、実際に食べた量が36%減少しました。

この効果は、松の実の脂肪酸が分解されるまでの約4時間の間持続します。

http://www.biranger.jp/archives/40505

1,000人以上の成人を対象にした研究では、チョコレートをよく食べて運動すると、食べずに運動した人よりもBMIが下がることが分かっています。

カテキンなどの抗酸化剤によって細胞のエネルギー生成機能が高まります。しかし、お菓子は高カロリーなので、1回にとる量を30グラムほどにしたり、ココアパウダーを使うのがいいでしょう。

http://www.biranger.jp/archives/40505

繊維を多く含み、オーストラリアの研究者が定める“満腹インデックス”が最も高い果物です。また、グレープフルーツ半分を毎食食べると、12週間で1.8kg (4ポンド)も体重が減少しました。

グレープフルーツはインシュリンをより効率よく使えるようにし、血糖値を保ちより多くカロリーを燃焼させます。

http://www.biranger.jp/archives/40505

リンゴは劇的に体重を減らす天然フラボノイドを含み、食物繊維が食欲も減退させる。脂肪を燃やし、効率よく血糖値も下げる。

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52160778.html

【ジンゲロン】というのはショウガに含まれている辛味成分で、このジンゲロンには体脂肪の燃焼を促進することによって、エネルギー消費を促進する作用があるということが明らかになっています。

http://www.clue4health.com/burn_fat/

トウガラシの辛さのもと、カプサイシンは代謝を向上し、血糖値を下げます。たとえばチリ一人前で代謝を25%も向上するという研究結果もあります。

カナダの研究では、トウガラシ入りスナックとコーヒーを食べると、一日に1キロカロリー多く消費するようになったそうです。

http://www.biranger.jp/archives/40505

ワカメや昆布、海苔などの海藻類にはヨウ素というミネラルが豊富。ヨウ素は新陳代謝を活発にし、タンパク質や脂質、糖質の代謝を促してくれる働きがあります。

http://josei-bigaku.jp/health/sibouhutoranai27577/

キノコキトサンは胃の中で特殊な膜を張る効果があります。脂分の多い食事前にキノコキトサンが含まれる食べ物を食すと脂を吸収させない効果があります。さらに、食後でも食べた脂を吸収して体の外に出してくれますので脂肪吸収の軽減にとても役にたちます。

http://777news.biz/n/2013/04/30/22174

水溶性繊維を豊富に含み、脂肪燃焼を促進する食品。加工食品の二倍も多くカロリーを消費する。早く体重を減らしたいのなら、これらをいつも食事に取り入れるべきだ。コレステロールを下げ、血糖値も効果的に調整する。

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52160778.html

カロリーを燃焼させるか脂肪にするかを決定するレプチンというホルモンのレベルに影響を与え、代謝を向上させるそうです。

オメガ3脂肪酸を多く含む食品を摂取すると、一日あたり400キロカロリー多く燃焼できるようになるそうです。

http://www.biranger.jp/archives/40517

1