1. まとめトップ
  2. ガールズ

[体型][顔立ち][雰囲気]で選ぶ似合う浴衣の選び方

これから花火大会も多くなり、まさに浴衣のシーズン。色や柄があまたある浴衣から、どんなものが自分に似合うか知っていますか?これから買おうという方はぜひ参考にしてみてください。

更新日: 2014年07月21日

1164 お気に入り 1942813 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canyonstreamさん

似合う浴衣は人それぞれ

同じ浴衣でも着る人によって背の高い人や低い人などといった体型によっても似合う浴衣があります。

似合う色だけでなく、体格や顔立ち等の雰囲気を考慮して似合う浴衣を選びましょう。

ゆかたを着るときには、自分の持っている印象と浴衣の持つ印象を上手く組み合わせて自分のなりたい浴衣姿のイメージを作ってみましょう。

▽背の低い体型、華奢な体型の女性に似合う浴衣

体を少し大きく見せるために、大柄の模様は避け、小さめの柄、暖色系の膨張色の浴衣を選びましょう。背を高く見せるためには、浴衣と帯の色を合わせると良いようです。

小柄で細い人の場合、浴衣を着てもちょっと貧弱に見えてしまう、とか子どもっぽくなってしまう、というのが悩み

大柄な柄の浴衣ではなく、注くらい程度の柄が散らばったものや、クリーム色や淡い紫の色などの膨張色を選ぶ

柄の大きさとして目安は手のひらより小さければ小柄でも自然な感じです。

▽背の高い体型の女性に似合う浴衣

背の高い体型には、逆に小さな柄ではなく大きな柄が似合います。背の高いことで強い印象が気になる人は、ピンクやオレンジの暖色系を使うのも手です。

大柄の人は大きい柄を選びます。前から見て数個から10個くらいの柄が入る大きさにします。

小さな柄を選んでしまうと沢山の柄が入るので「体がより大きい」という錯覚を生んでしまう

気になる人はやわらかいピンクやオレンジの暖色系の色に大き目の柄が入ったものを選ぶと全体の印象がやわらかくなります。

やわらかいピンクやオレンジの暖色系の色に大き目の柄が入ったものを選ぶと全体の印象がやわらかくなります。

1 2 3