1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

身長7.5m!?世界で次々と“巨人族”がいたとされる証拠が発見されてた

太古の昔に7.5mも身長がある巨人族が実在していた!というと何となくSFチックでドキドキしてきますよね。そんな巨人族説がいたという証拠が遺跡などにより次々と明らかになっています。その証拠記事についてまとめます。

更新日: 2019年08月24日

224 お気に入り 347270 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

○童話などで巨人が出てくる場面はありますが

ガリバーなどが有名です。

☆ジャックと豆の木☆ジャックは豆の木を登り雲の上にある巨人の城にたどりつく。ジャックを見た巨人の妻は夫はogre(オーガ)なので早く逃げるように言うが、ちょうど巨人が帰ってきてしまう。

☆ガリバー☆海に投げ出されたガリバーがふと気がつくと、体をなわでしばられて地面に寝かさせていました。あたりを見回すと、何と数え切れないほどの小人たちが集まっているのです。

なんとそれが本当の話になってしまう可能性が!

○身長7.5mもある巨人の遺跡が見つかった

南アフリカにある遺跡発掘現場で見つかりました。

南アフリカ共和国の東部、トランスバール地方の地層に残る"巨大な足跡"の化石を地元の作家が撮影した。その足跡のサイズはなんと1・2メートル。

ちなみに、馬場氏の身長は209センチ。1・2メートルの足跡の持ち主が存在した場合、推定身長は7・5メートルにも達するという。

これは、3階建ての住宅と同程度の高さ・・・『化石が発見された地層は、約31億年前のもの

▼ネットでも話題に

おもしろニュースやおもたら週刊ゲンダイか… ニュースソースで信憑性が全然かわるなぁ "太古に身長7.5m巨人族存在か :@niftyニュース" s.news.nifty.com/topics/detail/…

○他にも巨人族に関連した遺跡が続々と

果たして巨人は本当にいたのでしょうか。夢が膨らみます。

世界で見つかる「巨人の骨」、身長10メートルを超えるものまで発見されている。また、ある伝説では、身長18メートルの巨人の種族がいたとされている

1964年にエクアドル南部で発見された、巨大な人骨との関連が指摘されています。この人骨も全長7メートル程度でした

旧約聖書にも、ネフィリムやゴリアテ(身長3.5m、体重104kg)やオグ(身長4m)という巨人のことが書かれている。旧約聖書『創世記』によれば、ノアの箱舟のもっと前、神の子らと人間の娘たちの間に生まれた「ネフィリム」という種族がいたことになっている。

レムリア伝説では、18mもあるレムリアという巨人族がいたと伝えている。そしてギリシャ神話のキュクロプス、ドイツのリューベンツァール、ランフェルなども有名だ。

1912年5月に見つかった巨大な骸骨や長く伸びた頭蓋骨は、どのような教科書の記述にもうまく合致しなかった。これらの骸骨は巨大であり、通常の人間のものではなかった。

ウィスコンシン州のデラバン湖近くの埋葬塚で発見された巨人族の遺骸です。

○インディアンにはショッキングな言い伝えも

アメリカ・インディアンのパイユート族には、 かつて、"Si-Te-Cah"と呼ばれる赤毛の巨人達によって先祖が脅かされていたという言い伝えがある

伝説によると、この巨人一族は実に好戦的で、村を襲撃しては人間(主に女性)をさらって食べ殺していた

進撃の巨人か!?

その言い伝えを元に巨人が絶滅したとされる洞窟を発掘したところ、身長2.3m以上のミイラが埋もれていたのを発見したそうで、しかも、 頭部には赤く長い髪が残っており、インディアンの言い伝えの巨人そのものだった

○ヨーロッパにはパタゴンと呼ばれる巨人伝説がある

ヨーロッパに古くから伝わる言い伝えです。

パタゴンあるいはパタゴニアの巨人は、16世紀から18世紀、まだパタゴニアの陸や海の様子が良く知られていない時代に最初に訪れたヨーロッパ人探検家たちによってヨーロッパに伝えられた伝説の巨人族である

彼らの身長は少なくとも普通の人間の2倍はあるとされ、いくつかの伝聞ではその身長は12-15フィート(3.7-4.6メートル)とも、あるいはそれ以上とも伝えられたとされている。

1 2