1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

加熱したものばかり食べていたら、ガンになるリスクを増やす

生野菜は毒を排出してくれるだけでなく、体の熱も奪っていきます。ですから、春から夏に生野菜を多く食べる

活性酸素を除去できる能力においては温野菜の方が優れている

βカロテンや脂溶性ビタミンなどは油で炒めたほうが吸収がよい

調理による栄養素の流出か、栄養素の吸収か」で見ると…

 調理することによって、ビタミンやミネラルは確かに多少破壊されたり流出したりします。特に、水溶性ビタミンと呼ばれるビタミン(B群、C)は水に溶け出し易く、中でもビタミンCは調理によって失われやすいビタミンです。

生の野菜には、調理した野菜よりもデトックス効果があることは確かです。

 でも生野菜は毒を排出してくれるだけでなく、体の熱も奪っていきます。ですから、春から夏に生野菜を多く食べることは理にかなっていますが、秋から冬に生野菜を多く食べることはエネルギーの低下を招きかねません。

1