1. まとめトップ
  2. 雑学

おじさん限定のスポーツじゃない。ゴルフを始めるとこんなメリットが。

「おじさんのスポーツ」というイメージのゴルフ。難しそうだから私には無理。と思っていませんか?ゴルフにはたくさんのメリットがあるんです。

更新日: 2015年03月18日

128 お気に入り 114345 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

放送局003さん

難しい?高い?ちょっと敷居が高いイメージのゴルフ

クラブやアイアンのセット、手袋にボールと一式そろえた上に、打ちっぱなしやコースに出ると結構なお金がかかることから、お金持ちのスポーツというイメージのゴルフ。

以前はゴルフと言うと お金に余裕がないと出来ない というイメージの娯楽 / スポーツだった

たしかに、他のスポーツと比べると少々お金はかかってしまいますが、ゴルフを始めることによっていろんなメリットがあるんです。

自然を楽しみながらプレイできる

ラウンドにでれば澄んだな空気の中、目に優しい緑を身体全体に浴びながらプレーを楽しむことができます。

背の高さが異なる樹木を配することによって、グリーンまでの遠近感を掴みにくくしたり、緑深いラフや池・バンカーによってプレイヤーにプレッシャーを与えるのです。

心地よく晴れが澄みわたったすがすがしい朝一のラウンドで、みごとなティーショトを打てた瞬間、周りにいる人たちから拍手を喝采でもらった時の『あの瞬間!』 に醍醐味を感じます。

どの年代でも楽しめる

カップル、夫婦、おじいちゃんと孫など、どの年代の人でも一緒に楽しむことが出来るスポーツ。

ゴルフにはハンディキャップと同時に、ホールから距離の異なるいくつかのティーイング・グランドがあり、年齢、性別、上手下手に関わらず、対等に競技出来るのが大きな特徴であります。

子どもがゴルフをはじめることで、共通の話題ができ「ご家族間でのコミュニケーションが増えた」
家族同士のコミュニケーションの場としてもゴルフは最適

一生やり続けても飽きることがないし、夫婦で一緒にプレーをすれば 二人で過ごす時間も増え、コミュニケーションの改善にも一役買うことになるはず

高齢になっても続けられる生涯スポーツ

ゴルフは年を重ねても出来る生涯スポーツです。
若い頃にスポーツをしなかったという人でも無理せず始められ、定年後に夫婦でゴルフを楽しんでいる人も。

ゴルフは男女問わず、かなり高齢でも始められるスポーツです。ゴルフコースを歩くだけでも、健康に良いし、本格的にできなくても、打ちっぱなしをするだけでも、ストレス解消になることでしょう。

高齢になれば体力も衰えてきますが、スコアは総合力によるゴルフでは、年齢に応じた技術と発想の転換を図ることにより、スコアを伸ばして行くことが可能です。

自分一人でも出来る

ゴルフは言い換えれば「全て自己責任」のスポーツ。
グループでまわっていても、対戦相手は自分、自己の成長が如実に出るスポーツなのです。
コースに出る時通常は2〜4人で回りますが、最近では一人で回れるコースなどもあります。

やりたい時にだけ やれば良いものだし、気の知れた友人や仲間などとのゴルフの楽しさはない反面、ゴルフを楽しむという面では十分

他人との勝ち負けでなく、自分での目標スコアを設定し、取り組むことが出来る。

体型は関係ない、太っていても出来る

ゴルフはスポーツでは珍しく、太っていてもうまい人はたくさんいるのです。
スウィングさえしっかりしていれば体型は関係ありません。逆に体重がある方が軸が安定して飛距離が伸びたりというメリットも。
実際、アメリカなんかでおなかが突き出しているおじさま方がゴルフを楽しんでいます。逆にゴルフをしているのに、痩せないのが不思議なところですが。。

どうして太っている人でもゴルフが上手いのか?答えは、身体を体重で固定しているからです。
上半身の重さで腰にどっしりと身体を乗せているので、安定したスイングがしやすくなるからです。

プロゴルファーもみんな遼君みたいなスマートな体型の方ばかりじゃありませんよ。ある程度体重がある方が飛距離には有利です。

ストレスの解消になる

ゴルフの魅力はなんといっても、青い空にめがけて、ボールを思いっきり遠くまで飛ばす爽快感です。

思い通りのドライバーが打てた時の爽快感は、何よりのストレス解消

1 2