1. まとめトップ

【宮本幸一の伝説】伊集院光との確執 ニッポン放送 専務取締役 明石家さんま、とんねるず ラジオで激怒

"宮本幸一" 現・常務取締役。明石家さんま、とんねるず、伊集院光をニッポン放送から放逐した張本人であり、一部のラジオファンからは悪い意味で有名な人物。

更新日: 2014年07月23日

-聖少女-さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 72804 view
お気に入り追加

「宮本さんありがとう。しばらくTBSに俺いる、しばらくお世話になるわ」

叩き上げの制作畑で、笑福亭鶴光のオールナイトニッポンや中島みゆきのオールナイトニッポンのディレクターを担当。オールナイトニッポンやヤングパラダイスなど深夜放送の黄金期を作り上げたが、出演タレントと反目することがしばしばで、その辣腕には毀誉褒貶が多い

伊集院光が2014年にニッポン放送開局60周年記念番組に出演した際に宮本と鉢合わせ、その際に宮本は一連の悪評をWikipedia上から消すように要求したが、伊集院はこのことに関して「ずいぶん年もとっているのに全く性格が改まっていない」とネタにしていた。

2014年、ニッポン放送開局60周年記念 ラジオで聴いた『忘れられぬミュージック』で10年ぶりにニッポン放送への出演をした。

宮本幸一

現・常務取締役。明石家さんま、とんねるず、伊集院光をニッポン放送から放逐した張本人であり、一部のラジオファンからは悪い意味で有名な人物。

明石家さんまが当時パーソナリティを務めた土曜夜の人気生ワイド番組「明石家さんまのラジオが来たゾ!東京めぐりブンブン大放送」(1983年~1988年)において、

ナイター中継延長に関してスケジュールの都合で番組冒頭30分を録音にする処置を行った際、さんま側に無断であたかもその部分を生放送のように見せかけて放送してしまい、それがリスナーや週刊誌の間でさんまの番組に対する態度を批判する騒動に発展。これに怒ったさんまが最終的に番組を降板する事態となった。所属事務所の吉本興業とも一時険悪になる。

とんねるずの石橋貴明に「とんねるずは俺が育てた」発言をして激怒させ、「とんねるずのオールナイトニッポン」(1985年~1992年)打ち切りの原因を作る。

ちなみに、とんねるずは「お笑いスター誕生!」(日本テレビ)出身で、「オールナイトフジ」「夕やけニャンニャン」(フジテレビ)で脚光を浴びたコンビであり、当然宮本氏はとんねるずを育てた人物ではない。

伊集院光とは当初から険悪。伊集院が駆け出しの頃に、泥酔していた状態で初対面した宮本氏は伊集院に頭を鷲づかみにして「売れる臭いのしない奴が来たな」と暴言を吐いた

しかし、「伊集院光のオールナイトニッポン」(1988年~1990年)で注目され、「伊集院光のOh!デカナイト」(1991年~1995年)で伊集院は人気ラジオパーソナリティーになる。
だが、結局喧嘩別れして「Oh!デカ」は番組改編期ではない1995年4月27日に突如終了。TBSラジオに引き抜かれ、「伊集院光 深夜の馬鹿力」(1995年10月~)でニッポン放送を長年に渡り苦しめることとなる。

宮本幸一に関連する検索キーワード

宮本幸一ニッポン放送

宮本幸一 さんま

宮本幸一 とんねるず

石橋貴明 宮本幸一

ニッポン放送 宮本

宮本幸一 西川

宮本幸一 明石家さんま

伊集院光 宮本幸一

伊集院 ニッポン放送

1





クジラックス(漫画家)『ろりとぼくらの。』「ろりともだち」東浩紀が絶賛するロリマンガの描き手」
https://matome.naver.jp/odai/2149742936473267001