1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

元宮崎県知事の東国原英夫氏が、現役時代の失態を告白した。この日の番組では、「世間の聞きたい事しっかり答えますSP」と題し、出演者に対して聞きたいことを視聴者から寄せられた質問に、東国原氏やロンドンブーツ1号2号の田村淳などの芸能人らが答えていった。その中で、東国原氏に「知事時代の一番ヤバかった失態は何ですか?」という質問が寄せられると、東国原氏は、「納得してくれるかな」と切り出し、

、東国原英夫氏が、安全保障関連法案(安保法案)について安倍晋三首相は本音で語るべきだと訴える場面があった。番組では「女性が一言モノ申したいニュース」のコーナーで、安保法案可決の一連の動きを取り上げ出演者らが議論をした。司会の坂上忍や渡辺えりが同法案に反対の立場を表明する中、東国原氏が「安倍さんはね、正直に本音を言うべきですよ」と切り出した。東国原氏は同法案成立に向けた政府与党の動きについて

東国原英夫氏の毛が生えたと話題の育毛剤は、「ビタブリッドCヘアー」という育毛剤であることが発覚 news-taiken.jp/beauty-wellnes… #fxch #usdjpy zaifx.jp/UJ5minで実況中

去年の関学の大学祭講演会のゲストは元日本テレビ美人キャスターで関学OGの丸岡いずみさんだったのに、今年は東国原英夫とはガッカリだよ。

そのまんま東とメロリンQの最大の違いは、政治家東国原英夫はそのまんま東ではなかったのに対し、政治家山本太郎はメロリンQのままだったことだと思う。 民衆が芸人が政治家になることを望んだかも知れないが、芸人が政治をすることは望んではいなかったはずだ。

20歳年下の一般女性と再々婚した元宮崎県知事で前衆院議員の東国原英夫氏(57)が2日、ツイッターを更新し、別の女性との不倫疑惑を否定した。

 「あす(3日)発売の雑誌FRIDAYに“もう不倫”と掲載されるらしい」とした上で、女性について「東京の僕のマンションの一室を貸してあげた」と説明。さらに「僕にとって妹・娘のような存在。ストーカー被害に遭い(東国原氏が)東京にいないこともあり緊急避難的に提供した」と主張。「この

氷室京介氏が難聴のため、コンサート活動を無期限休止するという。同情する。以前から言っているが、僕も難聴気味(特に左耳が聞こえ辛い)である。番組(特にクイズ番組等)出演や日常会話、政治活動(議会や質疑応答等)等に支障を来すことがちょいちょいある。困ったものだ。

「全聾(ろう)の作曲家」「現代のベートーベン」などと呼ばれていた「作曲家」佐村河内守(さむらごうち・まもる)氏(50)が、実は「ゴーストライター」に作曲を依頼していたことがわかった。この事件が発覚して以来、CDが出荷停止になったり、公演が中止になるなど波紋が広がり、メディアでは一転して「偽ベートーベン」「詐欺師」などと厳しい批判が出ている。彼は確かに悪い。しかし、「ヒロシマ」や「ハンディキャップ」を売りにする音楽業界、音楽以前に「感動の美談」をありがたがる聴き手の側にも問題はないだろうか?

ある日突然、耳が聞こえなくなったら――。耳の病気を経験したことのない人が、明確な原因もなく突然耳が聞こえなくなる「突発性難聴」。日本では年間3万5000人が突発性の難聴を発症し、そのうち2万3000人が完治することなく難聴者となっている。

 2011年に設立されたNPO法人 日本ユニバーサル・サウンドデザイン協会は「声と音のバリアフリーを目指して」をコンセプトとして、補聴器や人工内耳を装用した難聴者の聞こえを改善する活動を行っている。その一環として、難聴の生徒を対象とする「きこえのあしながさんプロジェクト」を2013年12月に開始した。

 きこえのあしながさんプロジェクトは、同協会とユニバーサル・サウンドデザインが共同開発したコミュニケーション支援システム「COMUOON(コミューン)」を、全国のろう学校や難聴学級、特別支援学校に寄贈する活動だ。その第1号として、日本ユニバーサル・サウンドデザイン協会は2014年1月、東京都台東区教育委員会にCOMUOONを寄贈した

1