1. まとめトップ

まるでお菓子の宝石箱!ふきよせって何?

あまり知られていないけど、華やかで帰省のお土産にもぴったりな『ふきよせ』についてまとめました。

更新日: 2015年08月18日

38 お気に入り 93569 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

そもそもふきよせってなに?

干菓子を何種類も取り合わせたもの。
関東では、小さなせんべいや昆布などを、関西では、色づいた木の葉などをかたどった落雁(らくがん)・雲平(うんぺい)・有平糖(アルヘイとう)などを取り合わせたものをいうことが多い。

秋になると、風が少しずつ冷たくなります。木の実や、色鮮やかな落ち葉。それが、風で集められてきます。

このお菓子は、そんな風情を表しているんです。

甘い落雁や金平糖、お煎餅やおかきなど、味も形もバラエティに富んでいるのです。

子供からお年寄りまで、家族みんなで楽しめますね。

箱を開けた瞬間「ワ~!」という声が上がる。お土産を持っていった側が「大成功!」とほくそ笑む、最も嬉しいシーンですよね。

甘い落雁やしょっぱいお煎餅など、味も形もバラエティ豊かなので、
老若男女幅広く楽しめるところがいいですね。
帰省のお土産のピッタリです。

ふきよせっていうすごーくすごーく可愛いお菓子をいただいたのであった。 もったいなくて食べられないかわゆさ。 pic.twitter.com/1qAiQQM7M7

東京みやげでもらった「ふきよせ」っていうお菓子。かわいいしおいしいしたのしい。オリジナルの文字が入れられるらしいので、なんかの内祝いとかいいかも。 instagram.com/p/jlPLfHRwR5/

お煎餅のふきよせをもらった。とても美味しい。これと牛乳が、今日の夕飯。 pic.twitter.com/lhZWQzYKKE

銀座 菊廼舎

明治時代から銀座に本店を構える老舗。
お取り寄せはもちろん、羽田空港にも販売店があるので、帰省のお土産にぴったり。
通常の冨貴寄に名入れのオリジナルの雲平を入れたブライダルなどのお祝い品の承りもしています。
ホームページには電子カタログもあります。

http://www.ginza-kikunoya.co.jp/

赤い缶に入ったロングセラーのふきよせ。

赤丸缶 1,400円(税別)
赤角缶 1,800円(税別)

価格 3,500円 (税別)

季節缶(夏色缶)、赤小丸缶、青小丸缶の夏季限定ギフトセット。

価格 900円 (税別)

金魚がかわいらしい小丸缶。
和風袋、丸紐、うちわ付。

小 395g 2,000円(税別)
中 650g 3,000円(税別)
大 880g 4,000円(税別)

和三盆糖で作られた打ち物はひまわりや紅葉など、季節によって変えられています。
50日間くらい日持ちします。

フキヨセ 赤 480円(税別)

かわいい小箱に入ったプチギフトにぴったりなふきよせ。

フキヨセ 青 400円(税別)

京都せんべい おかき専門店 小倉山荘

京都に本店を構える小倉山荘。
本店にはカフェも併設されています。

http://www.ogurasansou.co.jp/

中 2,000円 (税別)
小 1,000円 (税別)

あられをメインにしたふきよせ。
個別包装で手軽に楽しめます。

伊勢源六たちばなや

京都にて宝永五年(1708年)の創業の老舗。

http://www.kyowagashi.jp/

おいしい御進物逸品会

大缶 5,400円(税込)

蓮根、南瓜、人参などの野菜やあられ、ドライフルーツが入ったちょっと変わったふきよせ。
野菜が多いのでおつまみにも。

1