1. まとめトップ

【シスプリ】萌えの原点?シスター・プリンセスをまとめてみた【もう10年以上前か!】

もうそんな前なのか・・・・・そんなシスプリをまとめてみた。まとめてみて今更ながら分かったことが結構出てきておもしろかった。

更新日: 2014年07月31日

10 お気に入り 169613 view
お気に入り追加

■シスター・プリンセス(シスプリ)とは?

『シスター・プリンセス』(Sister Princess)は、メディアワークス(現:KADOKAWA)刊『電撃G'sマガジン』の読者参加企画に端を発する一連のメディアミックス作品群の総称。通称“シスプリ”。

電撃G'sマガジンでの連載期間は2000年3月号 - 2003年8月号。
アニメの放送期間は2001年4月 - 9月

12人の妹たちが、遠く離れて暮らす兄を思慕する様子を描いたものである。キャラクター設定および文は公野櫻子が、挿絵は天広直人が担当した。

その12人の妹というありえない設定にもかかわらず、今でも通用するキャラの可愛さ、アニメ版での人気声優の起用、G'Sマガジンのプッシュ等で結構な人気を集めた。

年齢的にも20代後半~30代後半ぐらいの人には今でも熱心なファンがいてもおかしくない。

■特に衝撃的だったのが・・・・・

「12人の妹たちの兄に対する呼び方が全て違う」ことだろう!

これは本当に衝撃的だった。無理がありすぎる呼び方も多々あり、結構引いてしまうこともあったのだが、いつの間にか慣れてしまうという計算済みの戦略だったのだろうか。

■人気投票が熱かった!

今でいうアイドルの総選挙みたいなものだった。
人気キャラと不人気キャラの差はかなりあり、同人とかでは全く出現しないキャラもいた。

■そんなシスプリの登場人物を紹介

▼可憐(かれん)

CV:桑谷夏子 呼称:お兄ちゃん

清純派ヒロイン風の妹。良家の育ちのようでしつけがよく、兄に対しても敬語で話す。しっかり者だが、兄には甘えん坊な部分を見せる

正統派の妹キャラ。呼称もお兄ちゃんで安心できる。
ただ、他のキャラの個性があまりにも強烈だったためか、人気的には中位ぐらいをさまよっている印象だったなぁ。

個人的には無難なキャラの美少女ということでわりと好きだった。

▼花穂(かほ)

CV:望月久代 呼称:お兄ちゃま
ドジっ娘タイプの妹(ただし、後付け設定)。兄を応援するためにチアリーディング部に所属している健気な女の子。花を育てることが好きであり、たまに話に出てくる。体重を気にしており、度々ダイエットに挑戦する(だが、失敗する)。当初はサブヒロイン的なポジションだったが、咲耶の台頭によってシフトしていった。

チア部で茶髪でヘアバンドでロリ系キャラと、それなりに人気はあったと思う。

各メディアでの登場のときは小学校低学年~高学年ぐらいに見えるときが結構あり、ぶれが大きかったような記憶が。

同人とかでもその傾向がかなりあった。

1 2 3 4 5





どんでんたつのりさん

個人的な趣味等を中心にまとめていこうかと思っています。よろしくお願いします。