1. まとめトップ
  2. カラダ

泣くとすんごいストレス解消になるって知ってた?

泣くことがストレス解消に効果的、という話は知っておりましたが、具体的にどう効果的なのかはよく知りませんでした。というわけでちょっと調べてまとめてみました。

更新日: 2014年07月26日

581 お気に入り 364832 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hitonamiさん

◆そもそも「泣く」ってなに?

なんでも泣くという行為には、目を乾かさないようにするものと、目に入ったごみを排出するものと、感情の高ぶりによるものの3種類があるよう。

喜怒哀楽によって流れる涙は「情動性分泌」。瞬きをするたびに分泌され、常に眼球に流れている涙は「基礎分泌」と呼ばれます。またゴミなどの異物が刺激して流れる涙は「反射性分泌」と呼ばれ細菌やゴミを排除して、感染を防いでいます。

生理学的には、涙には以下の役割があるとされています。
目の表面(角膜・結膜)への栄養補給/瞼を円滑に動かす潤滑材/細菌・紫外線から目を守る防御壁/雑菌の消毒。

感情による涙の場合は通常の排出(涙点経由のもの)では間に合わず、涙が目の外へ流出する。悲しみによって涙を流し、声を出す一連の動きのことを「泣く」と言う。

◆ストレス解消に効果があるのは感情的な涙

経験的に当然と言えば当然ですが、感情的な高ぶりで流す涙にこそ意味があるようです。ストレス以外にも、健康効果まで期待できるというから驚き。

感情によって流れ出る涙の中には、様々なストレス要因となる物質が含まれています。つまり、涙を流す事により、ストレスを老廃物として体外へ排出しているのです。

泣いた後には、脳内ホルモンの一つでモルヒネ様物質として知られる「エンドルフィン」が増加することがわかっています。エンドルフィンには強い鎮静作用があり、適度な運動の後などにはこの物質が増加して、ストレス解消とすっきり感をもたらすことが知られています。

過剰なストレスが免疫力を低下させることはよく知られていますが、笑ったり泣いたりすることでストレスを解消することは、免疫力を高めることにつながるのです。

男性の平均寿命が女性の平均寿命よりも短いのは、男性は、幼少時から「男のくせにめそめそ泣くな」などと言われて育ち、泣くことを抑制しているため、ストレスを溜め込みやすいからだという説すらある。

◆泣く意味について調査/実験した人がいる

アメリカの生化学者。1985年に涙を流す意味に関する実験を行った。その実験とは、悲しい映画を見せて泣いた人の涙と、玉ねぎを切らせて泣いた人の涙にどのような違いがあるかというもの。実験の結果、悲しい映画を見せた人の涙には、ACTHという副腎皮質ホルモンが多く検出された。これはストレス反応として分泌されるホルモンであるため、泣く事で、涙と一緒にストレスを身体の外へ排出していることが考えられる。

ウィリアム・フレイの調査によると、感情的な涙の原因の内訳は、女性の場合、悲しみが5割、喜びが2割、怒りが1割で、同情・心配・恐怖がこれに続く。また、女性の85%、男性の73%は、「泣いた後、気分が良くなる」と答えた

フレイによれば、感情的な涙には、それ以外の涙と比べて、高い濃度のたんぱく質が検出される。ただ、それらのたんぱく質は、生体にとって有益な物質であって、有害な物質ではない

研究した結果、涙は感情によって生じた化学物質を体外へと除去するカルタシス効果(無意識に抑圧されている心のしこり(精神的外傷)を外部に表出させることで症状を消失させる方法。)があるとした。

◆実際、笑うより泣くほうがはるかにストレス解消になるらしい

ストレス解消にお笑いを見る、という話はよく聞きますが、生理的には笑うより泣いた方がずっとストレス解消になるようです。

笑うことも、免疫力が高まり健康につながると言われていますが、ストレスを解消するという意味では、泣くことのほうが効果的。POMS心理テストで笑った人の状態を調べたところ、泣くことのストレス解消の度合いが、笑うことよりも遥かに大きいことがわかったそうです。

POMS心理テストは、ヒトの感情を深く把握するために体系化されたテストのこと。

笑っている間は興奮状態にあり、興奮状態から戻る過程でリラックスするのに対し、泣いている時は副交感神経が活性化してリラックスしている状態になるため、よりストレス解消になると考えられる

「涙」を流したときは「緊張」や「不安」が大幅に改善するのに対し、「笑う」場合は活力の増加が見られたという研究結果も出ています。つまり、元気になりたいなら「笑う」、ストレスをスッキリ解消させたいなら「泣く」のがいいといえるでしょう。

1