ふん尿からメタンガスを発生させる従来方式に比べ、設備構成を簡略化でき、機器の寿命が4倍程度に延びるという。年間約10システムの販売を目指す。将来は電力販売にも参入する方針。

出典日本家畜貿易、堆肥発電を全国発売  :日本経済新聞

ポイントは直接燃やすことが、ガス化することより、設備投資額を減らすだけでなく、寿命も延びること

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

牛ふんなどで作る堆肥を直接燃やして発電する独自のバイオマス発電システム   「畜力発電」

牛ふんなどで作る堆肥を直接燃やして発電する独自のバイオマス発電システムが開発されました。

このまとめを見る