1. まとめトップ

関東連合元幹部 工藤明男(柴田大輔)とはどんな男なのか

元関東連合幹部にして、海外逃亡中の見立真一容疑者と肩を並べるほどの存在だった工藤明男(柴田大輔)著書 いびつな絆~関東連合の真実~が17万部を突破し、2014年7月25日に2作目となる破戒の連鎖を発表

更新日: 2014年09月22日

akiratetsuoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 602542 view
お気に入り追加

工藤明男(柴田大輔)とは

昭和54年5月24日、東京都杉並区西荻窪生まれ
父親は日本人・母は在日韓国人(帰化済み)という家庭で育つ

拉致した人間にウンコを食わせる。裸で写真を撮り、ナイフで刺したところを火であぶる。
柴田氏は半端なくタチが悪すぎる。拷問が半端じゃない。拉致されたら部屋から出るのも嫌になるくらいのトラウマになる

信条は、『自分の正しいと思う考えを遂行できる力』
夢は、『メディアを持って世界の経営者になること』
・クリエイジェント株式会社  代表取締役
・クリエンター株式会社 代表取締役社長

工藤明男(柴田大輔)が関わった殺人事件

2000年5月13日、午前1時ごろ、 都内の大田区池上のボウリング場「トーヨーボール」の駐車場において被害者少年は暴行され、車で連れ去られ拉致された。数時間後、少年は病院の前に置き去られたが、間もなく死亡した

五反田・荏原零神刺殺(両方とも族の総長で計2名刺殺)
一回目が久里浜で2回目が少年刑務所

有名アウトロー達が語る工藤明男(柴田大輔)の人物像

昔、
柴田と木村と俺の三人で西新宿の喫茶店で話した
『純士は暴力団だから抜かして
俺は●合と怒羅権が都内の二大勢力と自負している。』
(省略)
ハングル読みで俺の名前を教えてくれた工藤明男殿へ。
あの日孔次朗を紹介した事を今では後悔している。
本当の平和を祈っている。
ちなみに六本木事件翌日
誰かさんにレンタカー迄仮に行かされた。
そのビデオカメラも俺は預かっている

S(工藤明男)とは付き合わない方がいい。
あいつは人のことを物としか見ていないから

著書

いびつな絆

元関東連合幹部が書いた衝撃の手記! 横綱・朝青龍殴打事件、市川海老蔵事件、そして人違い殺人となった六本木クラブ襲撃事件……世間を騒がせてきた“アウトレイジ集団"関東連合とは何者なのか? 東京都内杉並区・世田谷区の暴走族から、なぜ彼らだけが都心歓楽街を支配する力を持ったのか? 芸能人、ベンチャー起業家、そして暴力団……華麗なる人脈と豊富な資金源を獲得できた秘密、そして組織の実態がいま初めてつまびらかにされる! 話題騒然の手記!!

破戒の連鎖

累計17万部の大ベストセラー『いびつな絆 関東連合』の少年編が登場!
東京中を制圧してやる……時は“失われた10年"の真っ只中、場所は1990年代半ばの東京・山の手地区(杉並区、世田谷区、渋谷区etc.)。襲撃、報復、抗争、チーマー制圧、渋谷マネーへの侵食……。
都内不良少年の世界で「食物連鎖」の頂点を目指した関東連合「伝説」の幹部が、少年期の野望と転落、そして逃亡の軌跡を綴った悔恨の回想録!

1





akiratetsuoさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう