北海道の北の方でアイヌの集落同士の抗争があり、片方の集落はほとんど全員死んでしまった。なんとか生き残ったその集落の老婆は、孫をつれてひたすらにげたが、その途中で孫とはぐれてしまう

出典摩周湖・カムイシュ島の伝説 – 孫を失ったアイヌの老婆の涙 | 月の方舟 - ノアの情報見聞録

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

『摩周湖』って実は単なる水たまりだった・・・

摩周湖って誰もが綺麗で神秘的な湖と思っていませんか。。しかし、河がないということで水たまりということらしいです。意外です。。。

このまとめを見る