1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

危険が見込まれる高電圧部品は、安全性を考慮して露出がないように設計されており、破損して内部構成部品が露出している状態もしくは不用意な分解などをしないかぎり高電圧へ接触することはありません。したがって日常的な使用では神経質になる必要はありません。

リスクがあるとされるのは事故の際や高電圧部位に触れる可能性がある場合など

ハイブリッド車は事故で衝撃を受けると車体などに電流が流れ、感電する可能性があるという。

ガソリンハイブリッド車両はガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせているため、通常の車に搭載される12Vのバッテリーに加え、最大600Vで電気モーターを回すHVバッテリーを搭載している。

このバッテリーは通常のバッテリーと比べ電圧が高いなどの理由から感電の際の危険が大きい。特に大型機械に搭載されているキャパシタ(コンデンサ)も同様の理由により感電した場合死亡事故にも繋がりうる。整備工場や事故現場等における感電事故が懸念されており、メーカーがレスキュー時の専用マニュアルを公開していることもある。

電圧が高い分、感電のリスクも高まります。ガソリン車に慣れたドライバーは、バッテリーがあがった時などに自分でケーブルをつないで作業するのを当然と考える節がありますが、ハイブリッドカーの電気モーター用バッテリーを自分で扱うことは避けたほうが無難だと思います。

事前にしっかりマニュアルを読んでおきましょう

実際に電気自動車やハイブリッド車の事故で感電により重大な被害が起きたことはほとんどないとのことだが、今後普及が進めば増加する可能性もある。

電気自動車・ハイブリッド車の購入を考えている人は、こうした自動車アセスメントの結果に目を通したり、マニュアルに目を通しておくなどして、高電圧バッテリーと搭載した車で事故にあった時の注意をあらかじめ知っておくとよいのではないだろうか。

2011年6月23日には道路運送車両の保安基準等が一部改正され、電気自動車等の感電防止に関する安全性について基準が定められました。自動車メーカー側としても高電圧ケーブルをオレンジ色で識別するなど、不用意な接触を防止する対策を講じているほか、衝突事故を起こした場合でも乗員が高電圧により感電しない設計を採用しています。

しかしながら、衝突事故などにより高電圧部品が露出する事態が考えられないわけではありません。大きく破損した車両など、高電圧部位に触れる可能性がある場合は、保護具(絶縁手袋、保護メガネ、絶縁靴)を着用する必要があり不用意に触れてはいけません。メンテナンスを行う場合も同様です。高電圧部位は車種によって異なるため、取扱説明書を読み事前にチェックしておくようにしましょう。

1