1. まとめトップ

マーニーの部屋を忠実に再現!「思い出のマーニー×種田陽平展」

「思い出のマーニ―」の世界を再現した「思い出のマーニー×種田陽平展」が7/27(日)ついに公開!マーニーの部屋はディティールの細部にまでこだわりを見せ、マーニーの世界を体験できると大人から子供まで楽しめる展示となっている

更新日: 2014年08月30日

14 お気に入り 23894 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tick-tackさん

江戸東京博物館にて「思い出のマーニー×種田陽平展」が開催

期間:2014年7月27日〜9月15日
会場:江戸東京博物館 1階展示室
時間:9:30〜17:30 (土曜日は19:30まで)
※入場は開館の30分前まで
観覧料:一般 1,300円(1,100円)、大学生 1,040円(840円)、小・中・高生・65歳以上 650円(450円)
※括弧内は前売券

米林宏昌監督による2014年7月19日(土)公開のスタジオジブリ最新作『思い出のマーニー』の世界を、同作で美術監督を務める種田陽平が巨大空間アートで表現する。

種田陽平が創る「マーニーのいる世界」を体感することができる

ふたりの少女の幻想的なストーリー。物語に登場するあらゆる小道具や装飾のディテールにも徹底的にこだわり、訪れた人は物語の秘密に触れ、種田陽平が創る「マーニーのいる世界」を体感することができる。

主人公・杏奈がマーニーと出会う、物語の鍵となる重要な舞台「湿っ地(しめっち)屋敷」。

マーニーが今にも顔を出しそうなほど、作品の姿を忠実に再現されています!

小道具にまでこだわり、マーニーの部屋を完全再現

内装だけでなく、ノートといった小物も細部までこだわっており、マーニーの世界に入り込んだ気分になります

壁には原画も飾られており、部屋中が思い出のマーニー!

フレームのディティールの細部まで再現!

何が書かれているのか非常に気になる

思い出のマーニー×種田陽平展たのしい。実物があるとぐっと現実感増すなー。

入り江奥の漁師小屋・サイロに入ると少し雰囲気が変わります

入江の奥にある漁師小屋は、杏奈とマーニーが二人でボートを漕いで初めてピクニックに行った場所

「スタジオジブリの作品はいつも背景のクオリティーが高くて感動しますが、ここでも美術に感動しました」(男性・埼玉県在住)

【‚ŒŽ‚‚ŒŽ‚高月彩良】本日から始まりました「思い出のマーニー×種田陽平展」実は音声ガイドを‚ŒŽ‚‚ŒŽ‚高月と有村さんの2人でやっているんです!ここでしか聞けないスペシャルなガイドが盛りだくさん。お楽しみに! pic.twitter.com/hRhkxDWlB5

思い出のマーニーのヒロイン 高月彩良と有村架純が一足早くマーニーの世界を体験

映画の大ヒットと展示会開催を記念して、展覧会の監修と本作の美術監督を務めた種田陽平が、Wヒロインの声を演じた高月彩良と有村架純、米林宏昌監督と共に展示を巡る先行内覧会を実施

杏奈の気持ちになってマーニーを探すことが出来るし、肌で体感できる展示になっていて驚きました。作品の中に入り込んだような気がして、すごくワクワクしました。

「(展示を見て)鳥肌が立ちました。湿っ地屋敷のジオラマを見たときに、(映画の中で)杏奈が驚いた顔をしたんですが、私も同じ顔になりました(笑)

今日から両国・江戸東京博物館で、「思い出のマーニー展×種田陽平展」が始まりました♪映画「思い出のマーニー」の声優高月彩良さん、有村架純さんもおススメの、映画再現セットがすごいそうです! lawson.eng.mg/0e46d pic.twitter.com/4UqQI8n79y

2010年に芸術選奨文部科学大臣賞を、2011年には紫綬褒章を受けた「種田陽平」

岩井俊二、三谷幸喜など日本を代表する映画監督のみならず
クェンティン・タランティーノなど海外の監督からも絶大な信頼を得数々の大ヒット作品を手がけている。

2010年には米林監督のデビュー作『借りぐらしのアリエッティ』公開時に東京都現代美術館などで開催した「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」で全国で70万人を動員

1 2 3