1. まとめトップ

【Chromium】Google Chrome派生ブラウザの一覧

Google Chrome(Chromium)の派生ブラウザの一覧表です。

更新日: 2017年06月27日

20 お気に入り 155520 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

halpasさん

「第3のブラウザ」と呼ばれたOpera

Operaでは、これまでの独自開発からオープンソースブラウザー「Chromium」ベースの開発に切り替えることを2月に発表。

現在はChromiumをベースに一から開発し直されています。
2016年6月、中国企業に買収されました。

純国産のChromiumブラウザ「Kinza」

快適なWebサイトの閲覧”を実現するために開発された国産のWebブラウザ。RSSの表示機能や検出機能などを備える。

ユーザーの意見をベースとして作り上げていく開発ポリシーもつ

旧Operaの精神を受け継いだ「Vivaldi」

https://vivaldi.com/

64bit版:あり
ポータブル版:なし

見た目はフラットデザインのタブブラウザといったところ

プレビュー版のみの公開でしたが、2016年4月6日に正式公開となりました。

Retina ディスプレイに対応し、美しい文字で表現する「Sleipnir」

洗練されたユーザインタフェースやなめらかで読みやすいテキスト表示が特徴の高機能国産“定番”タブブラウザ。

Windows版のSafariのようなブラウザ

モバイルエミュレーターを搭載したWeb開発者向けの「Blisk」

出典nelog.jp

https://blisk.io/

64bit版:なし
ポータブル版:なし

Web開発のスピードと品質、生産性を高めることを目的として開発された、Webデベロッパー・テスターのためのWebブラウザー

無償版と有償版(月額9.99米ドル)があり、1日30分までは無償で試用可能

LunascapeのChromium版「Lunascape Phoebe」

http://www.lunascape.org/

64bit版:あり(32bit版なし)
ポータブル版:なし

HTML5やJavaScript、Node.jsなどのWeb技術を利用した、まったく新たなChromiumベースのWebブラウザー

アルファ版のため一部機能(ニュースリーダー、広告ブロック、電子書籍配信)が未搭載

ロシア製の独自インターフェイスが特徴「Yandex Browser」

Chromium ベースでシンプルなインターフェースが特徴のブラウザー

「Yandex」はロシア最大の検索エンジンサイト

アンチウイルスで有名なアバストの「Avast SafeZone Browser」

https://www.avast.co.jp/faq.php?article=AVKB209

※Avast Antivirus 2016の付属ソフトで、単独使用不可

64bit版:なし
ポータブル版:なし

アバスト独自のカスタマイズが施されたセキュリティ特化の派生ブラウザ

拡張機能がインストールできません。

マテリアルデザインが特徴の「Liri Browser」

マテリアルデザインによるシンプルでミニマルなUIや、シンタックスハイライト・自動インデントが可能なソースコードビューアが主な特徴

アルファ版のみの公開です。

プライバシーやセキュリティを強化した「Iridium Browser」

少しでもプライバシーを害する恐れのある機能は徹底的に無効化されている。

逆にプライバシー向上に役立つ機能は自動で有効化されています。

1 2