1. まとめトップ

【なんでだろう】青春18きっぷポスターまとめ【涙がでた】

鉄道ファンでなくとも、思わず足を止めてしまう美しい写真と少し切ないキャッチコピー。青春18きっぷの名作ポスターをまとめました。シリーズものは近くに寄せましたが年代はランダムです。

更新日: 2017年06月28日

go4lilacさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
309 お気に入り 345822 view
お気に入り追加

好きだなあ、このコピー。駅の向こうは海と空。ぽかんと何もない。それが青春。この駅、実は青春18きっぷのポスターに三度も登場しています。

予讃線下灘駅(愛媛県)
2000年冬

期待大の駅名シリーズ。大歩危・小歩危は日本を代表する渓谷で、日本一の激流ともいわれるところ。

土讃線小歩危駅(徳島県)
2017年夏

北海道の地名はアイヌ語に漢字をあてたものが多いですが、どこかノスタルジックで、心にしみる「当て字」が多いです。

室蘭本線母恋駅(北海道)
2017年春

風に吹かれて、ということですね。旅に出る動機にそれ以上のものがあろうか。紫色の海と空です。

五能線驫木駅(青森県)
2002年春

やめてくれ、泣ける。そうか、「ずっと友達だよ」って別れの言葉なんだ。

徳島線小島駅(徳島県)
2014年春

改札をくぐると別世界になる駅って、ありますよね。

大村線千綿駅(長崎県)
2014年冬

今、人気の竹田城跡。タイムリーな観光地を使った青春18きっぷのポスターって珍しい。

播但線青倉駅~竹田駅(兵庫県)
2014年夏

次のトンネルを抜けると冬に逆戻りということもあります。

高山本線角川駅~坂上駅(岐阜県)
2015年春

あれっ?8時16分がもうひとつ。偶然でしょうか。

函館本線大沼駅~仁山駅間(北海道)
2015年夏

これは秘境駅。鉄道ファン以外では、ほとんどの人にとって一生行かない駅でしょうね。時間シリーズは、まだまだ続きます。

土讃線坪尻駅(徳島県)
2015年秋

色の違う車両が連結されている「間に合わせ感」って、ローカル線ぽくて好きです。

五能線鶴泊駅~板柳駅間(青森県)
2016年春

これはまた凄い写真。もうなんか、ローカル線というよりテーマパークのライドみたいです。

参宮線池の浦シーサイド駅~鳥羽駅(三重県)
2006年夏

わかります。私も旅先で財布を落としたときは泣きそうになりました。(そういう意味じゃない)

山陰本線鎧駅(兵庫県)
2001年冬

「ゆっくり」は、車両の進む速さのことだけではないんですよね。心の持ちようというか。

久大本線湯布院駅~南由布駅(大分県)
2008年冬

空を映す田んぼが神秘的。空、山、水面が織りなす青のシンフォニー。

室蘭本線有珠駅~長和駅(北海道)
2008年夏

そのまま映画のポスターに使えそう。男女グループでの旅行なんて憧れますが、現実には途中で仲が悪くなるやつとか絶対出てくるし、難しいかも。

外房線安房小湊駅(千葉県)
1994年夏

女の子の服装はあえて古臭くしてるのかな?しかし男4人と旅するのにこのスカートの短さはありえないな。

東海道本線米原駅(滋賀県)
1995年春

「早く寝なさい!」と見回りにくる先生もいない、それがうれしかったり寂しかったり。電車も駅も線路も写っていない、女子向けの青春18きっぷポスターです。

湖西線近江今津駅付近(滋賀県)
1994年冬

そうそう、そうなんだよ。で、初めての旅はどこ行ったんだっけか。

久留里線平山駅(千葉県)
2013年夏

旅は人生と人生のめぐり会いであったりすれ違いであったり。

城端線城端駅(富山県)
2013年冬

おもちゃみたいに見える電車。手前の緑と背景の青は過去と未来を暗示しているよう。それをつなぐのが列車という。

肥薩線大畑駅(熊本県)
2004年夏

意味があるとかないとか考える前に、まずは出かける。それでいいじゃないか、なのだ。

参宮線五十鈴ヶ丘駅~二見浦駅(三重県)
2004年冬

いやでも実際、田舎と思って行った先が自分の住んでるところより都会になっていて、懐かしいどころか近い未来を見ているような気になることもあったり。

釧網本線浜小清水駅~止別駅(北海道)
2005年春

今では通勤電車が5分遅れてもイライラするような人間になってしまいましたが。

根室本線厚床駅(北海道)
2000年夏

駅舎シリーズです。木造駅舎に関しては、どれを見てもワタシ的には「ああ、ここだ」です。

釧網本線川湯温泉駅(北海道)
1999年夏

あります。で、次の電車が2時間後だったり。

予讃線下灘駅(愛媛県)
1999年冬

カメラよりも心のシャッターを切る回数の多い旅がいいですね。

吉都線えびの駅(宮崎県)
2000年春

大阪の鶴橋駅なんか電車のドアが開いた瞬間、焼肉のにおいがしてきます(そういう意味じゃない)。カメラはアラーキーこと荒木経惟氏。

日南線北郷駅/大堂津駅(宮崎県)
1991年冬

ちょっと逃亡者の気分?

筑肥線虹ノ松原駅/唐津線相知駅(佐賀県)
1991年夏

こういうキャッチコピーを作るのは女性のコピーライターだろうなあ。他意はないです。

小海線清里駅/小諸駅(長野県)
1991年冬

1 2 3





go4lilacさん

また会う、暇で。