1. まとめトップ

アマランス

シリーズは ここから始まりました。

中世ドイツをもとに、綿密に構築された世界が舞台。
謎を解くだけじゃない。 熱いドラマが君を引き付ける。
400ラインアナログモードの緻密で美麗なグラフィック。
BGM45曲がアマランスを奏でる。

アマランス2

『アマランス』の158年後。

リアンと ディンは1から続投です。

カルテットビジュアルシステムが演出する様々のドラマ。
戦うだけじゃない。巧妙な伏線を読み切れ。
ARPGとは思えないリアルなマップ、リアルな設定。
それをMIDI対応BGMが盛り上げる!
HD対応の元祖・風雅ならではの高速展開。
天候をビジュアルに採用した臨場感。

アマランス3

世界観はかなり飛んで 産業革命、スチームパンクが舞台。

リアンとディンは そのまま登場します。

戦闘を十分に楽しめるようタクティカルなシステムを採用、ターン制で進行します。

(魔法に「気合溜め」を採用、作戦次第で低レベルでも高度な魔法が使用可能。
迫力あふれるアニメーションを透過合成、画面いっぱいに魔法をビジュアル演出。
体力変化に新システムを採用、体調が鍵を握るリアルタイムの変化が戦闘に影響。)

IIよりさらにリアルな天候の概念を導入。
キャラクターが大きくなり表現力アップ。
好評のオーバーラップビジュアルを継承。
スクロール速度の向上でより迫力あるシーンを実現。
フルマウスオペレーションによる快適な操作系。

アマランス4

アマランス2 と アマランス3の間の世界観。

ゲームフィールドはシリーズ初のクォータービュー画面。

グラフィカルインターフェイスを追求、アイコン操作。

戦闘はタクティカルタイプ。 非ターン制でリアルタイムで軽快に進行。

パーティーは最大で10人。 イベントシーンのCGはシリーズ屈指の量と質を実現。

アマランスKH

『アマランス』の252年前が舞台。

『アマランス』の次作として構想されていながら没となった企画『あみゃりゃんしゅ』を元に制作されたらしい。

アマランス1・2の世界に通じるストーリー展開。

今回、新たにシミュレーションRPGとして、永遠に語り継がれる世界を風雅システムがお届けします。

全22エピソードを制覇するシミュレーションRPG。

プレイヤーユニットは戦闘を重ねるごとにレベルアップ。 呪術や特殊攻撃が使いこなせるようになるなど、RPGの要素もふんだんに盛り込んでいる。

戦闘は一人の指揮官が複数のユニットを率いて戦う。 登場する指揮官は最大8人。 繁雑な操作を簡略化し、より戦略性をアップ。

各ユニットは個性的な10種類の属性を持ち、さらに18種類の職業に細分化される。 戦いの局面に合わせ、特性を活かした戦術を組み立てられる。

アマランス1 (Windows版)

『アマランス』のWindows95移植版。

ARPGの傑作「アマランス」がWindows95専用としてグレードアップして復活!

濃厚なシナリオを通じ、プレイヤーに真実の愛を問いかける!

ゲームをよりエキサイティングにする、気合い溜めシステム、指令型自動戦闘システム、呪術アイテム 合成システム搭載!

2Dグラフィックと3Dグラフィックがスムーズに融合!

音楽と効果音を新たにアレンジ、さらに新曲も追加!

リンク

リンク

1





「せっき~のゲーム屋さん」の中の人です。

レトロPCゲーム(週1更新)、TCG、ボードゲーム
を中心にまとめていく予定です

このまとめに参加する