1. まとめトップ

身長を伸ばす為のストレッチ・体操方法を集約!!!ボリューム満点の徹底まとめ!!!

柔軟性を向上し身長を伸ばしやすくすることが目的です。特に寝る前のストレッチは身長を伸ばすのに適しているといわれています。努力するとしないとでは最大12㎝の差がでると言われております。

更新日: 2015年07月25日

8spede8さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
627 お気に入り 1211822 view
お気に入り追加

柔軟性を向上し身長を伸ばしやすくしよう!!

▼ストレッチ徹底まとめ スタート!!

『正座したまま、そのまま後ろへ倒れる』

①正座します。
②息をゆっくり吐きながらそのまま後ろへ倒れます。
③床に背中をくっつけた状態で1~3分キープ

『ハムストリング(太ももの裏)のストレッチ』

※いずれも太ももの裏が伸びていることを感じながら行わないと効果無しです。

【前屈】 10秒×3回
①その場に立ちます。
②足をぴったりくっつけます。
③そのまま息をゆっくり吐きながら床へ手をつけるように曲げます。(膝を曲げない様に意識)



【長座前屈】 10秒×3回
①両足を伸ばしたまま座ります。
②そのままゆっくり息を吐きながら体を前方へ倒していきます。(背筋は伸ばしたまま)

“高い所に足を引っ掛け(片足ずつ)太ももの裏をぐぅーっと伸ばしたままキープする。”

①ある程度位置が高く、足がかけられそうなとこを探します。
②片足ずつ引っ掛け、太ももの裏が伸びていることを感じながらキープします。
 (カカトやアキレス腱に負担をかけないようにタオルなどをあてています。)

ストレッチ1(寝る前が効果的)
・ゆがんだ姿勢を整える。新陳代謝を高めるストレッチ。
新陳代謝が高まれば、身長の伸びに効果的です。
①仰向けになる。(天井が見える状態)
②両手を頭の上に伸ばす。両手を組んで、両手の甲が頭側にくるようにする。
④手の先を見ながら、腕、首を伸ばす。つま先を伸ばす。
⑤ゆっくり、全身の力を抜く。
⑥―①~⑤の動作を5回繰り返す。

ストレッチ2(寝る前が効果的)
・ゆがんだ姿勢を整える。背骨に加わった体重の負担を解消する。全身の関節と脊髄を正常にすることが目的。
脊髄などの骨がゆがんだままだと身長の伸びが悪くなります。
①うつぶせになる。(天井が見えない状態)
②体全体の力を抜く。
③左右の腕を真横に広げる。指先も伸ばす。
④―③の状態で、足をそろえ、つま先を伸ばす。この状態で後ろに反り返る。
⑤―③④の状態で、あごを上げ、首を伸ばす。両足も上げる。
⑥―①の状態に戻す。
⑦―①~⑥の動作を5回繰り返す。
体勢としては、腹を、布団・畳につけた状態でのブリッジです。普通のブリッジの逆です。
無理はしないようにしてください。血圧が高いならしないでください。

○足に刺激を与える運動(寝る前が効果的)
★ストレッチと同じで身長を伸ばすサインを脳に送ります。
①座ったまま、足を伸ばす。
②右足のひざ下を10回軽く叩く。
③左足のひざ下を10回軽く叩く。
④同じように、ひざ上を10回ずつ叩く。
⑤ずっと足を伸ばした状態をくずさない。

うつぶせストレッチ

①うつぶせになって体全体の力を抜き、左右の腕を真横に広げながら指先を伸ばす。
②そのままの状態で足を揃えつま先を伸ばして後ろに反り返りながら、あごを上げて首を伸ばし両足も上げる。
③最後もとの状態に戻り一連の動作を5回繰り返す。
これも寝る前にすると効果があります。

朝起きた時にするストレッチ

・四つんばいの状態から、お尻を後ろへ引き上げて静止をします。
・四つんばいで、お尻を後ろに引いていって、かかとの上に乗せるようにします。

昼が効果的なストレッチ

①立ち上がる。
②リラックスして、両目を閉じる。
③花が芽を出すところをイメージする。更に、どんどんその芽が伸びていく姿をイメージする。
④両手のひらを合わせる。合わせたまま、バンザイをする。
⑤バンザイをするとき、指先が天に届くようイメージして、深呼吸する。
⑥1日1回はこのストレッチをしてください。

腰のストレッチ

背骨を曲げ、背骨につらなる関節と筋肉を運動させ、背が伸びるように刺激を与える運動です。。

①足を揃えて自然に立ちます。そして両腕を一方ずつ後ろ方向に強く回しながら腰を腕が回っている方向へ回します。

②片方に回した反動を利用しながら、両腕を反対に回し、腕が移動する方向の足を一歩横に踏み出して、反対方向の足を動かして両足を揃える。
 これを左右互い違いに10回ずつ繰り返します。

ヨガのサギのポーズが効果抜群!!

足を長くする「サギのポーズ」の効果

サギのポーズには、以下のような効果があります。

足を長くする効果
ふくらはぎの引き締め効果
太腿の引き締め効果
お尻の引き締め効果
足のむくみの解消
O脚の改善・矯正
スタイルの改善・胴長の改善

O脚の直し方・ヨガの「サギのポーズ」のやり方

両足をまっすぐ前に伸ばし、そろえて座ります。
その状態から片足の膝を曲げて立たせます。
そして曲げた足の甲・足の裏を両手でつかみます。
曲げた足を両手でつかんだまま、膝を伸ばしながらゆっくりと足を持ち上げていきます。
息を吐きながら足を伸ばしきり、頭の上まで上げていきます。
伸ばしきった状態を30秒維持します。
ゆっくりと足を降ろし、元の状態に戻します。
もう片方の足も同様にやります。

股関節をやわらかくして足を長くする

股関節が硬いと血液やリンパの流れが悪くなり、足がむくみやすくなり、さらに足のゆがみにもつながり、足が短く見えてしまう。

股関節を柔らかくすることで、血行をよくし、余分な水分や老廃物が流れやすくなり、デトックスにもなるので、足のむくみがとれ、足が細く、長く見えるようになる。

股関節をやわらかくする方法はストレッチ!!

①床に座り足の裏を合わせる。(このとき、背筋はピンと伸ばすように、肩に余分な力が入らないようにする。)
②背筋をまっすぐに伸ばした状態で上体を前に倒していく。(両方の膝は床に押し付けるようにします。)
③股関節が伸びているのを感じながら、ゆっくりとストレッチ。痛みを感じる1歩手前くらいで止め、そこで20~30秒キープします。
これを数回繰り返します。

バランスボールでストレッチ

1 2 3





ストックとしてまとめたものを皆様と共有出来ればと思います。