1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

ニューヨークで本場の『ベーグル』を食べたい!

ニューヨークに行ったらはずせない朝の定番『ベーグル』。ニューヨーカーに人気の5店をまとめました。

更新日: 2017年07月21日

313 お気に入り 96239 view
お気に入り追加

■ニューヨーカーの定番『ベーグル』

朝、町を歩いているとコーヒー片手にベーグルをほおばるビジネスマンもよく見かけます。

さっと買えて腹持ちもよいとあって、忙しいニューヨーカーの朝食やランチの定番です。

ほとんどのショップは早朝からオープンしているので、ニューヨークにきたらちょっと早起きして、焼きたてのホカホカをぜひ食べてみてください。

■好みに応じてオーダーを

ベーグルと言えば、普通のパンに比べてずっしりむっちりした歯ごたえが特徴。

そのまま食べるのもありですが、トーストしてバターやジャムを塗ったり、具をはさんだりと、好みに応じてオーダーして食べるのが一般的。

フィリングの定番はクリームチーズですが、ベーグルショップに行けば、その種類の多さに圧倒されるはず。

スモークサーモン、ツナ、卵サラダ、チキンサラダ、ピーナツバター&ジャムなど。スクランブルエッグとチーズなど、温かいフィリングもあります。

■Murray's Bagels(ミュレイズ・ベーグル)

グリニッジビレッジの有名店。シンプルかつ伝統的なニューヨークベーグルです。

グリニッジビレッジという場所柄か、スーツ姿のサラリーマンよりは家族連れや近所に住むママ達がふらっと買いにくる、と言った感じ。平日よりも週末の方が賑わっているのも分かります。

ベーグルの具も各種クリームチーズ、スモークフィッシュ、チキンサラダなど豊富。

その他デニッシュ等のベーカリーやサンドイッチ、スープなどのデリなどメニューも充実しているのでブランチにはぴったりです。

■Ess-A-Bagel(エッサ・ベーグル)

1976年の創業以来ニューヨークで人気のベーグル・ショップとして常に名前があがり、数々のメディアでも評価の高い有名店です。

テイクアウトのみのベーグル店が多い中、同店には広めの飲食スペースがあるのも魅力の一つとなっており、朝早くから朝食を取る客で大変混雑しています。

エッサのベーグルの特徴はなんといってもそのボリューム。丸々したそのベーグルにクリームチーズをはさんだらソフトボールみたいなベーグルに!

スプレッド(塗りモノ)や具の種類も豊富。クリームチーズはレギュラー、ローファット、トーフの3種類のほか、アップル・シナモンや各種ハーブ入りのバリエーションから選べる。

時にはお店の外にまで並ぶ事もありますが、とてもフレンドリーな店員さんが次々と注文を受けてくれるのであっという間です。

ベーグルマイスターと呼ばれる職人達が熟練の技で作り出すベーグルは、すべて店内で手作り。1日に1万個以上売れるそうです。

1 2





やまぐちたくみさん

関心の赴くままに、いろんなジャンルでまとめています。