1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

明日から開幕!今からでも間に合う!!甲子園の注目選手まとめ

8月9日(土)から開幕する第96回全国高校野球選手権大会。選抜王者の龍谷大平安、一昨年に春夏連覇した大阪桐蔭などが注目校に挙げられます。ドラフト候補の選手が地方大会で次々と敗れ、波乱が起こっています。そんな中、見事に勝ち残ってきた注目選手をまとめました。

更新日: 2014年08月08日

osaki_makuraさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
89 お気に入り 121585 view
お気に入り追加

今年の甲子園は大波乱の予感!?

豪腕・安楽智大を擁する済美高(愛媛)、昨夏の覇者・前橋育英高(群馬)、名門・横浜高(神奈川)、智弁和歌山高(和歌山)など有力校が続々予選で涙をのんだ今年の夏。

すでに大逆転劇も!

星稜が9回裏に8点差を逆転する、まさかの大逆転サヨナラ劇で、2年連続17度目の甲子園出場を決めた。星稜は9回表終了時点で0-8と小松大谷に大量リードを許したが、岩下大輝投手(3年)の左翼席場外への2ランなどで追い付き、5番佐竹海音捕手(2年)が左越えサヨナラ打。

優勝候補は?

ことしは絶対的な本命はいないが、投打のバランスがいい東海大相模、一昨年に春夏連覇した大阪桐蔭、選抜王者の龍谷大平安が優勝争いの中心になりそうだ。

初戦から注目対決が!

東海大相模は、神奈川大会決勝で20三振を奪った吉田ら140キロ超えの速球を持つ本格派を4人擁する。初戦は今大会ナンバーワン投手の呼び声高い松本が率いる盛岡大付と対戦。

注目選手

盛岡大付属高校(岩手)3年
右投左打
181.0cm
72.0kg
神奈川県出身
第6日(14日)2回戦
第3試合(13:00)
東海大相模(神奈川)と対戦

岩手出身の日本ハムの“二刀流”大谷翔平投手にちなみ“大谷2世”と呼ばれる逸材

最速150km/hのストレートを記録し、140km/h台のストレートを低めに投げられる投手。チェンジアップ、スライダー等の変化球も一通り投げ、打者のタイミングを外すピッチングが持ち味。

高校通算54本塁打、1年秋から主軸に座る長打力のある左の強打者。

智弁学園高校(奈良)3年
右投右打
183.0cm
97.0kg
奈良県出身
第5日(13日)1回戦
第1試合(9:30)
明徳義塾(高知)と対戦

岡本和真選手の評価ポイントは何と言っても長打力。奈良大会では3本のホームランを放ち、初戦は満塁ホームラン、準々決勝と決勝は推定飛距離130m以上の特大弾だった

春のセンバツ大会で1試合2本塁打を放ちそれが高校通算59号だったが、現在は73号と春から14本を積み重ねている。

飛距離という素質で十分ドラフト1位に入ってくるとみられる。夏の甲子園でアーチを見せられるか注目される。

日本文理高校(新潟)3年
右投左打
187.0cm
76.0kg
新潟県出身
第2日(10日)1回戦
第3試合(13:00)
大分(大分)と対戦

飯塚選手は練習試合で高橋光成選手からホームランを放つなど長打力も健在で、センバツでは投手としても評価を挙げている。187cmの体は将来的に投手野手のどちらかで大成しそうな雰囲気を持っている。

長身から投げ下ろす角度と威力がある140km中盤の直球が武器の本格派右腕
変化球もフォーク、スライダー、カーブと多彩で安定感がある。

富山商業高校(富山)3年
左投左打
180.0cm
75.0kg
第1日(9日)1回戦
第3試合(15:20)
日大鶴ケ丘(西東京)と対戦

森田投手は左腕で146km/hを投げるという評価が挙がるポジションにいる投手だ。北信越大会でも注目されたが、甲子園で好投を見せれば春の田嶋大樹投手のように注目度が挙がり、プロのスカウトも他球団の動向を調べたくなるかもしれない。

183cm79kg、均整の取れた体格の本格派左腕。セットポジションから肘を柔らかく使い投げ下ろす最速146㌔の直球とスライダー、カーブ、チェンジアップ。縦のスライダーを武器に三振を奪う。

3年春の県大会では31回で1失点のみ、防0.29の安定感ある投球を披露。プロから癖の少ない投球フォームを評価され、体作りによる更なる成長にも期待が掛かる。

龍谷大平安高校(京都)3年
右投左打
177.0cm
78.0kg
京都府出身
第1日(9日)1回戦
第1試合(10:20)
春日部共栄(埼玉)と対戦

徳本選手は足、とにかく俊足で走塁にも守備にもいかんなく足の速さを発揮する。センバツ優勝チームのリードオフマンとして実績も十分で打力も高い。ドラフトでは上位に入ってくるとみられる足に注目したい。

1 2





osaki_makuraさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう