1. まとめトップ

東京について

更新日: 2015年04月29日

mkijiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 82 view
お気に入り追加

人口について

■首都圏の街を8つに分けたタウンマトリックス http://fundo.jp/6859

■流入人口
・東京都への流入人口は289万1,112人。
・神奈川県から104万9,341人(36.3%)、埼玉県から94万8,988人(32.8%)、
 千葉県から73万7,360人(25.5%)となり、これら3県で94.6%を占める。
・国家発展戦略の課題は人口成長率ではない。人口密度だ。低すぎると、我が国のように国民
 一人当たりのインフラ整備費用がかかり、苦労する。高すぎると、民は繁殖し過ぎた鼠の
 ように、ストレスや摂食障害、精神病、暴力に悩むだろう。豊かな自然と程良い人口の地域
 社会に恵まれて、人間らしい生活を営む空間があるはずだ。
・美人なら東京へ行く。薄倖の少女なら東京へ売られて行く。健康な女なら東京へ稼ぎに
 ゆく。頭のいい女なら東京の大学へ行く。

■正規雇用者
・非正規が働く人の3分の1を超えている現状は尋常でない。舛添都知事は「不本意非正規者を2022年に半減させる(2015年比)」と答弁している。

■ネパール学校「エベレスト・インターナショナルスクール」
・世界で初めてのネパール学校は阿佐ヶ谷(東京都杉並区)にある。
 http://u111u.info/kBFH http://u111u.info/kBFK

おもしろ話

・三越本店のライオンは、必勝祈願の像として、誰にも見られず背中に乗ると受験合格
 します。と書かれていて、よく見ると背中がこすれていて人が乗った跡がある。
・不忍通りを渡って不忍池へ出ると、蓮の葉が背より高く繁って風に揺れている。蓮の林で、
 柳の葉がたれさがった奥にビルがかすんでいるのは、平成の浮世絵だ。景色に色気がある。
・靖国神社境内の売店で、玉音放送カセット、軍人勅諭、教育勅語を売っている。
・両国橋とは武蔵と下総のふたつの国を結ぶからその名があるという。
・増上寺は徳川の廟所として隆盛を極めた江戸の大寺である。増上寺境内にある大鐘は
 15トンの重さだ。「さてさても諸国へ響く芝の鐘」として知られる大梵鐘は木更津まで響く。
・東京メトロ銀座線新橋駅の虎ノ門寄りの改札口近く。8番出口に向かう通路に、その謎の
 駅への入り口はある。「関係者以外立ち入り禁止」という扉を開くと、そこには、とても
 狭いが、ちゃんとホームと線路がある。  壁には、横書きで、右から「新橋」の文字が。
 実はここは、1939年に、たった8ヶ月だけ使われた、東京高速鉄道の新橋駅なのだ。
・目黒不動、目白不動に続き、「目赤不動」。これは、文京区本駒込にある、「南谷寺」
 というお寺。元々は、その成り立ちから「赤目不動」と呼ばれていたんですが、ここで、
 目白の名付け親、徳川家光がまたまた登場。 鷹狩りの時に立ち寄ったついでに、
 「目黒不動、目白不動にちなんで、目赤不動と呼ぶように!」との命が下り、改名する
 ことになったそうです。 次の色は青、「目青不動」です。こちらは、若者に人気の街、
 世田谷区の三軒茶屋にある、「最勝寺(教学院)」という天台宗のお寺です。
・三茶のランドマーク、キャロットタワーのすぐ裏手にひっそりと佇む経学院には、元々、
 現在の六本木にあったお不動様が安置されています。次は「目黄不動」なんですが、これが
 1ヶ所ではないんです。まず江戸川区平井、荒川のすぐ近くにある住宅街の中にある、
 「最勝寺」。もうひとつは台東区三ノ輪にある、「永久寺」この2つの寺が、現在、
 「目黄不動」として有名です。
・お台場海浜公園の砂浜だが、お台場そのものが埋め立て地だから、もちろんこの海岸も
 人工的に造られたものだ。この白い砂、実は、伊豆七島のひとつである、神津島の
 多幸湾から運ばれてきているものなのである。
・「築地」という地名は、そもそも、「埋め立て地」という意味なんですが、その名の
 とおり、この場所は、江戸時代に造られた、人口の埋め立て地なんです。なぜ、
 この場所が埋め立てられたのかといいますと、1657年の明暦の大火の時に浅草の本願寺が
 燃えてしまったため、その移転先として選ばれ、今の築地が創られたのです。 新しい場所で
 再興した本願寺。しかし、関東大震災が、またも、本願寺を襲います。これによって
 崩壊してしまった本願寺は、昭和9年、現在のようなインド様式の石造りの寺院として生まれ
 変わりました。
・東京の桜が白くなってきている大きな要因がある。それは、「寿命」。人間や動物は、歳を
 取ってくると、白髪が増えてくることが多い。これは、色素のメラニンの生成が、歳をとる
 ごとに減ってくるからである。ソメイヨシノの寿命は、60年とも70年ともいわれている。
 中には、100年を超える物もあり一概には言えないが、明治以降に植えられた
 ソメイヨシノは、すでにその寿命に達している。ということは、加齢によって樹の勢いが
 弱くなっているのではないだろうか?
・東京・丸の内は三菱グループの所有している土地ばかりで、三菱村と呼ばれている。
 一丁ロンドンとも。
・JR品川駅は、実は品川区でなく港区にあります。なんで品川区なんて名前を作ったんだろう。
・日本橋は日本の道路の起点、つまりここから人々が日本中に飛び立っていく。だから麒麟の
 背中に翼を付けたんだそうです。
・中国の国父・孫文を育てたのは日本人だった。そして、孫文の日本滞在時代に支えていた
 「梅屋庄吉」のひ孫が日比谷公園「松本楼」のオーナーの娘だそう。そういえば、日比谷公園
 近くで毎日お昼を食べてたのに、松本楼に一度も行ったことないな。。。写真もあるそう
 なんで、今度行ってみたいと思います。

エネルギー対策

・都では、電力の使用状況を視覚化することで、ピークカットシステムを発達させ効率的な電力
 消費抑制を推進しながら、低炭素で災害に強い都市づくりのための分散型電源の普及を目的
 として、事業を開始する。エネルギーマネジメントシステム及び分散型エネルギーの飛躍的な
 普及拡大のため、公益財団法人東京都環境公社と連携し、総額約100億円を投じて複数年に
 わたり補助を実施する。
・補助事業は、以下に分かれる。
 1.家庭用燃料電池(エネファーム)、蓄電池等に対する補助金
 2.オフィスビル等のコージェネレーションシステムに対する補助金
 3.中小テナントビル向けのBEMSに対する補助金
・家庭向けの補助金では、HEMS(家庭のエネルギー管理システム)等の導入を条件に、家庭用
 燃料電池(エネファーム)、蓄電池、ビークル・トゥ・ホームシステム(V2H:電気自動車
 (EV)から住宅に電力を供給するシステム)を設置する場合に補助制度が利用できる。
・オフィスビル等ではBEMS(ビルのエネルギー管理システム)機器の導入を条件に、
 コージェネレーションシステムを設置する場合に補助制度が利用できる。
・中小テナントビル向けでは、専門のエネルギー管理サービスを提供する事業者(BEMS
 アグリゲータ)による技術的な支援を受けることを条件に、中小規模のテナントビル
 オーナーがBEMSを設置する場合に補助制度が利用できる。

1





多摩と自転車と読書が好きな立川在住34才のまちづくりコーディネーター。出会ってきた人たちと過ごす日々を大事に、自然に暮らしていきたいなと思う今日この頃です。