1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

市村正親も患った『胃がん』を予防する方法

多くの芸能人も煩う「胃がん」のニュースが最近増えました。人ごとではなく、我々一人一人がかかる可能性のある病気です。胃がんを防ぐにはどうすれば良いかまとめました。

更新日: 2014年07月28日

56 お気に入り 114519 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「胃がん」に関するニュースが増えた。

宮迫博之さんもスキルス胃がんで一時休養していたのは記憶に新しい。

俳優の市村正親(65)が早期の胃がんと診断され、出演中のミュージカル「ミス・サイゴン」を降板することが27日、発表された。

歌手兼タレントのユ・チェヨンさんが胃がんの闘病末、24日に41歳(満40歳)という若すぎる年齢でこの世を去った。

芸能人でも胃がんになった方は多いですが
最も有名なのは
ソフトバンクホークスの
王会長が記憶に新しいです。
他には
宮川花子さんや藤村俊二さん
それに大橋巨泉さんも胃がんを経験していますが
どなたも復帰しています。

出典http://ガン知識.jp/igan/post-550-550#.U9Yy4qhYy34

胃がん発生については、多くの研究が行われており、いくつかのリスク要因が指摘され、喫煙や食生活などの生活習慣や、ヘリコバクターピロリ菌の持続感染などが原因となりうると評価されています。

◆喫煙

タバコの煙には、遺伝子を傷つけたり、がん化を促進させる発ガン物質が含まれています。胃がん以外にも、肺がんをはじめ、咽頭がん、喉頭がん、食道がん、膵臓がん、肝臓がん、腎臓がん、膀胱がん、子宮頸がんなどのがんが関係しているとされています。

◆食生活

日常の食事の内容は、胃がんの発生にも大きく関係しています。塩分の摂りすぎは、胃粘膜を荒して、発がん物質の影響を受けやすくします。食品添加物のなかには、発がん性物質が含まれているものがあります。野菜や果物の不足も、がんの抑制力の働きが鈍る要因です。

◆ピロリ菌

ピロリ菌は、胃の粘膜に存在する細菌で、40歳以上の日本人の場合、7割ほどがピロリ菌感染者というデータもあります。ピロリ菌がアンモニアなどの毒素をだして、胃に炎症を生じさせます。そして慢性胃炎になると、やがては萎縮性胃炎となり、胃がんや胃潰瘍になる可能性があります。

自覚症状がない場合がほとんどで、早期発見が難しいがんの一つと言われています。

胃がんに多く見られる初期症状としては胃炎・食欲不振・吐き気・胸のもたれなど、一見「食べ過ぎた?」「ストレスが原因?」と思ってしまうものばかりです

出典http://胃癌.net/

胃がんを予防するためには?

生活習慣を整えるのはもちろん、その他の予防方法をまとめました。

最近の研究では、たばこを吸わない人を基準とした場合、吸う人は約2倍胃がんになりやすいという結果が出ました。
また、塩分を摂りすぎると胃の粘膜が荒らされ、胃がんの危険性を高めるとされています。

タバコを控えたり、塩分の多いものを食べ過ぎないことで予防することが可能になるようです。

熱い料理や飲み物は、胃の粘膜を荒らし、胃がんの危険性を高めると言われています。
熱いものは冷ましてから食べたり、飲んだりするようにしましょう。

胃を傷つけないようにしましょう。

除菌により、感染期間が長く重度の萎縮性胃炎の人でも発がんリスクを3分の1以下に、30歳未満の若い世代では発がんリスクを限りなくゼロに近づけることが期待できます。

ピロリ菌の除菌が出来ます。病院で胃酸を抑える薬と抗菌薬をもらい、一週間ほど飲めば除菌できるようです。

毎年1回は検診を受けることで、胃がんの死亡率を低下させることができます。飲酒・喫煙習慣がある方はもちろん、健康には自信があるという方も必ず検診は受けましょう。

胃がんは検診で発見されやすいです。早期に発見すれば治る率も高いので、定期的に検診を受けておきましょう。

胃がん予防に効果のある食べ物

まずは食べ物から気を付けるのが良いかもしれません。

私達が普段食べている食品添加物の中には
体の中で発がん物質に変わる
性質を持っているものがあります。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌は
これを抑えてくれる働きがあります。

出典http://ガン知識.jp/igan/post-708-708#.U9Y8y6hYy34

乳酸菌にはピロリ菌の抑制効果もあります。除菌用のヨーグルトなどもあるようです。

ヨーグルトのカップをよく見ると「LG21」と書いてあります。これはヨーグルト菌のひとつでピロリ菌を減少させたり感染症予防の働きをするそうです。

毎日野菜・フルーツを最低でも5サービング食べる人は、がんになるリスクが20%減少するという研究結果が発表されています。

トマトやレモン、タマネギなどの野菜・フルーツはガンのリスクを抑える効果があります。またニンニクを細かく刻んで食べることで免疫力を高め、胃がん予防効果があると発表もされています。

偏った食事を続けると、大腸がんや乳癌、胃がん、肺がんなどのリスクを高める原因にもなりますので気をつけてください。スポーツで高いパフォーマンスを出すためにも、病気を予防するためにも、食生活は大切です。

1 2