契約社員として入社した場合の客室乗務員の給料はどうなるのでしょうか?
おおまかな計算ですので参考までに見てください。D社を例に考えると乗務時の時給が1500円。実労働時間を月平均150時間として計算すると月収が22万5000円、年収が270万円ほど。
B社の場合は乗務時の時給が1833円、実労働時間が135時間として計算すると月収が24万7455円、年収が296万9460円となります。その他にもパーディアムや精勤手当てなどの諸手当が入ると多少変動があり20~30万円ぐらいになるようです。
厚生労働省の発表によると、正社員の客室乗務員の平均年収は655万6,600円といわれています。正社員になれば会社の中での組織的な役割も果たさなければいけないので、乗務以外の仕事もその分増えることになります。

出典客室乗務員とは 待遇 給料 - キャビンアテンダント・スマイル

一般的な事務職の派遣でも時給1600円が多くある中、機体に何かあれば逃げ場がない命がけの勤務でこれほどの時給では、どうしても割に合わないと考えてしまうだろう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

人気職種だが…知らないと後悔するCA客室乗務員の実態

CA(客室乗務員)といえば女子学生の就職人気が高い事でしられていますが実際はどのような生活を送っているのでしょうか?華やかなイメージにとらわれず現実を見てみましょう。

このまとめを見る