客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)の仕事で体力的に大変なことのひとつは、「時差」に関する問題だと言えます。時差がない場合でも、人間は徹夜などで少し生活リズムが狂うと、考えている以上に疲れが溜まってしまいます。

客室乗務員の場合、何時間もの時差が加わって昼夜逆転した生活になることもしばしばあります。

そこでそのままにしていると身体を壊してしまうため、フライトが終わった後には、自分で体内のリズムを調整することが求められます。

では、時差などの問題がない日本国内のみのフライトだったら大丈夫かと言うと、それでもやはり体力は必要になります。国内線勤務の場合には1日に連続して3フライトほどをこなし、それを3日連続で行うこともあります。

出典客室乗務員は体力勝負 | 客室乗務員の仕事、なるには、給料、資格 | 職業情報サイトCareer Garden

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

人気職種だが…知らないと後悔するCA客室乗務員の実態

CA(客室乗務員)といえば女子学生の就職人気が高い事でしられていますが実際はどのような生活を送っているのでしょうか?華やかなイメージにとらわれず現実を見てみましょう。

このまとめを見る