1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

箱根駅伝の5区がコース変更!「山の神」と「リラックマ」は見れなくなる?笑

90回を超えた伝統ある箱根駅伝。その代名詞と言える箱根駅伝の5区がコース変更となる見通し。あの函嶺洞門を迂回するコースになる見通しらしい。あの記録は永々に残ることになりそうだ

更新日: 2014年07月30日

70 お気に入り 347259 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

関東学生陸上競技連盟は2014年7月28日、15年開催の第91回大会より競走路を一部変更すると発表した。函嶺洞門(神奈川・箱根町)が14年2月7日付で通行禁止になったことによるもので、91回大会では新たに作られたバイパスを走るという。

5区のコースの箱根の山登りの入り口

中継のチェックポイントとしてテレビでも同じみのスポットになりファンにもなじみ深いコース。ここから本格的な山登りに選手たちは挑むことになる。

函嶺洞門は1931年に完成したトンネルで、閉鎖は老朽化と渋滞緩和が理由とされている。

箱根駅伝のテレビ中継でおなじみの名所だった函嶺洞門は、1931年に築造されてから80年以上が経過し老朽化が進んでいた。車道幅員も5・8メートルと狭く、安全性向上と渋滞緩和を目的にバイパス工事が行われた。学生ランナーたちはバイパスを駆け、往路ゴールの芦ノ湖と7区中継地点の小田原を目指すことになる。

今後はバイパスを通るようになるとのこと。

函嶺洞門通行禁止になってたんだ( ゚д゚) 知らなかった…なんてこった…(´・_・`)

函嶺洞門通らんとか箱根じゃない…! ほんで参考記録とかありえん…

■「山の神」の記録は参考記録に

区間変更に伴い、同連盟の代表委員総会は28日、5区(往路)と6区(復路)の区間記録および往路・復路・総合記録について、第90回以前の記録は「参考記録」扱い、第91回以降の記録を「新規の記録」として取り扱うことに決めた。

記録の取り扱いについても意見が分かれた。距離延長に伴う時間差は3~4秒と予想され、各大学の監督からは「正式記録として残すべき」という声が多かったが、最終的には「正確な距離と時間」という陸上競技の原則を重視した。

コース変更 ちょー悲しい>_< けど、驚異的なあの、記録は 永遠と残るんだね…

■リラックマが有名な「函嶺洞門」??

わりと有名な光景らしいです。函嶺洞門といえばネットでは少し有名だったとか

えーー、函嶺洞門でリラックマの着ぐるみが併走してるの面白かったのになぁ・・・・    #そこじゃない

リラックマで有名な箱根駅伝の函嶺洞門が通行禁止!柏原竜二の記録が「参考記録」扱いに・・・ bit.ly/1tV4eqk

函嶺洞門でランナーと並走してたリラックマも引退か?まぁ今年もあまり走れてなかったがwww #箱根駅伝

函嶺洞門使わないってことは来年はリラックマ見れないのか…

箱根駅伝の6区 函嶺洞門の区間が変更になるからみんなリラックマのことが気になってるみたい まぁ俺もだけどw箱根駅伝名物の一つになってたからなぁ

あら、来年の箱根駅伝から、函嶺洞門を通らなくなるの…復路の沿道にいつもいるリラックマが見られなくなるのか(´・ω・`)←そっちかい

1