1. まとめトップ

新潟市タクシー運転手強盗殺人事件まとめ【捜査特別報奨金対象事件】

新潟市タクシー運転手強盗殺人事件とは、2009年11月に新潟県で発生した強盗殺人事件。新潟県警による正式な呼称は新潟市東区空港西一丁目におけるタクシー運転手被害強盗殺人事件。容疑者は検挙されておらず現在も未解決。

更新日: 2014年08月04日

1 お気に入り 16635 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

win-winさん

新潟市タクシー運転手強盗殺人事件

新潟市タクシー運転手強盗殺人事件(にいがたしタクシーうんてんしゅごうとうさつじんじけん)とは、2009年11月に新潟県で発生した強盗殺人事件。新潟県警による正式な呼称は新潟市東区空港西一丁目におけるタクシー運転手被害強盗殺人事件。容疑者は検挙されておらず現在も未解決。捜査特別報奨金対象事件。

現場状況

新潟市東区で1日深夜、三洋タクシー運転手阿部次男(つぎお)さん(63)=同市西区寺尾=が殺害され現金が奪われた事件で、阿部さんのタクシーは発見時にエンジンがかかっていた一方、料金メーターが約2千円の表示で止まっていたことが、捜査関係者への取材でわかった。阿部さんの傷は体の後部や左側に複数あり、県警の捜査本部は、犯人が現場付近で料金支払いを装って停車を求め、スピードを緩めた阿部さんを後部座席から襲ったとみている。


 阿部さんのタクシーは2日午前1時半ごろ、東区空港西1丁目の高さ約20センチの歩道に、左前輪を乗り上げた状態で見付かった。同僚によると、料金メーターが1日午後11時ごろから約1時間支払い状態だったため、不審に思った別の同僚が会社の全地球測位システム(GPS)で位置を確認した上で捜し、発見した。阿部さんは車内で血だらけで死んでいた。


 捜査関係者によると、発見時、タクシーはエンジンがかかり、ヘッドライトとハザードランプがついたままだったという。タクシーの左側には高さ約60センチの植え込みがあり、客を降ろすための停車ではなかったとみられる。


 また、2日の司法解剖の結果、阿部さんの死因は首の左側を刺されたことによる出血性ショック死で、死亡推定時刻は1日午後11時ごろであることがわかった。捜査関係者によると、傷は頭にもあり、体の左側や後ろ側を中心に複数あったという。


 こうした状況から、捜査本部は、犯人が乗客を装い、料金を精算する直前、後部座席から阿部さんを襲ったとみている。車内にあるはずの、売上金の入っていたバッグと私用の財布が見つかっていないという。阿部さんは1日午後11時前、JR新潟駅南口で最後の客を乗せていた。

http://jmjp.jp/topics/2009/11/post_2387.html

事件の経過

2009年11月1日

午後10時40分頃 - 犯人と思われる男をJR東日本新潟駅南口から乗せる。
午後11時00分頃 - 発見現場となる新潟市東区空港西一丁目に向けて走行しているところを目撃されている。
午後11時30分頃 - 新潟市東区空港西一丁目の路上でハザードランプが点滅した状態でタクシーが停車しているのを近くの住人が目撃している。
午前1時30分頃 - 探していた同僚が車両と運転手男性を発見し、110番に通報した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%BD%9F%E5%B8%82%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC%E9%81%8B%E8%BB%A2%E6%89%8B%E5%BC%B7%E7%9B%97%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

犯人の特徴

年齢 10代後半から20代前半
身長 約165cm
体格 小顔でやせ形 
黒っぽい上下の服装 ビニール傘に黒い鞄を持っていた

発生日時:2009年11月1日(日) 午後11時ごろ
発生場所:新潟市東区空港西1丁目
事件の概要:JR新潟駅からタクシーに乗車したとみられる犯人は新潟空港方面に向かい犯行現場で運転手の阿部次男さん(当時63歳)の首を鋭利な刃物で刺し殺害し、売上金など数万円が入ったセカンドバッグと財布を盗み逃走。警察はこの事件を「捜査特別報奨金」の対象に指定。

情報をお寄せください

平成21年11月1日、新潟市東区空港西1丁目においてタクシー運転手被害の強盗殺人事件が発生しました。被害者のタクシーに乗車した「最後の客と思われる写真の男」を捜しています。

1