△ オメガ6系脂肪酸

ゴマ油、グレープシードオイル、ヒマワリ油、コーン油、ダイズ油、紅花(サフラワー)油などに多く含まれる多価不飽和脂肪酸。
良い店:血中コレステロール値や中性脂肪値を一時的に低下させる
悪い点:アレルギーを悪化させる、大腸癌などのリスクを高める
注意点:この油自体は、オメガ3系、9系脂肪酸とともに必須脂肪酸です。欠乏してしまうと、髪に潤いがなくなりパサパサしたり、抜け毛が増えたり、傷の治りがおそくなったりします。ただし、現代においてオメガ6系脂肪酸の摂取量が多いので、取りすぎているなと実感があるひとは、控えたほうが良いでしょう。厚生労働省がすすめる割合としては、オメガ3系:オメガ6系=1:1~1:4位が良いのですが、実態は、オメガ3系が1/10くらいになってしまっている人が多いようです。

出典糖質制限ダイエットで成功するための「脂質」の取り方。良質な油、悪い油とは? | 糖質制限ダイエットバイブル

前へ