1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

目標が達成できない…「計画性」が身につかない人の5つの原因と対処方法

仕事・受験勉強・ダイエット…、「計画性」がないせいで目標を達成できず、失敗体験だけが積み重なる人も多いはず。ここでは、そんな「計画性」が身につかない原因と対処方法を考えてみたいと思います。「計画性」を身につけて、成功体験を積み重ねていきましょう!

更新日: 2016年02月12日

343 お気に入り 332650 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

springspringさん

-「計画性」が身につかない原因はなぜだろう…

「計画性」がないせいで目標を達成できず、失敗体験だけが積み重なる人も多いはず。

しかし《小さな計画を立てる⇒小さな目標を達成する》というスモールステップを積み重ねていくことにより、大きな目標を達成することは可能になります。

ここでは、「計画性」が身につかない人の5つの原因と対処方法を見ていきたいと思います。

1.目標を設定していない/目標設定が抽象的

「計画性」が身についていない人の多くは、目標を立てるのが苦手なもの。

目標を立てていないのは論外ですが、目標設定が単に「(受験の場合)志望校に合格する」や「(ダイエットの場合)やせる」といった抽象的な表現になりがちです。

目標がないと人は簡単に道を失ってしまい、十分にやる気が出てきません

目標を設定していない人は、まず目標を設定することからはじめましょう。

目標はまず具体的でなければいけません。「仕事を終わらせる!」などといった抽象的な目標だと目的意識がぼやけてしまいます

勉強だったら「テキスト10ページこなす」、仕事だったら「テレアポ10件」、など具体的に決めないと行動につながりにくくなります。

「できる人」は大きな目標から逆算をして、具体的で実現可能な小さな行動目標や計画を立てる

「志望校に合格したい」のであれば、「苦手な科目(例えば英語)の偏差値を向上させる」⇒「偏差値を向上させるためには英文法を克服する」⇒「英文法のテキストを1日10ページこなす」というように大きな目標から逆算をして、より具体的で正しい目標設定をしていきます。

まずは実現可能な(小さな)、具体的な目標設定をしましょう。

2.計画の見える化(可視化)をする習慣がない

仕事では、ほとんどの場合において進捗管理が行われますが、勉強やダイエットといった計画においては、計画表でさえ作らない人は多いもの。

しかし、計画表を作ることによって、計画の見える化(可視化)ができ、さらには進捗管理ができるようになります。

例えば勉強なら、テキストを1冊仕上げたい場合、1日何ページできる、何日で終わらすかなどをきちんと考えて必ず計画表を作らなければならない

小さい、具体的な目標設定からさらに逆算して、1日に何ができるかという計画を立てることができます。

計画に基づいて行動をしたら、計画表に基づいて反省をし、改善をしていく

「計画性」が身につかない人は、計画が達成できなかった時点ですぐに挫折してしまいがち。大切なのは「計画が実行できたかどうか」よりも、ここで「どう改善していくか」という点です。

仕事では、スケジュールを立て計画どおり進んでいるか進捗を管理していきますが、この作業、当たり前のようで出来ていない事が多い

仕事でも意外と進捗管理ができないもの。しかし進捗管理することにより、自分の処理能力を把握することもできるのです。

「計画表なんて無駄だ」という人もいるが、計画を練る上での注意点は「無理な計画は立てない」こと

《小さい、具体的な目標設定を立てる⇒進捗管理をする⇒(反省して)改善を行う》のサイクルを繰り返し自分の処理能力を把握できるようになると、自然と無理な計画は立てなくなります。

自分が目標に対してどこにいるのかが分からなくなってしまいます。もちろん、自分の弱点を改善しようにも改善の余地がありません。

ですから、目標を達成したいのであるならば、最低限「計画表」ぐらいは作りたいもの。「計画表」の作成は、計画の見える化(可視化)の第一歩です。

朝、一日の計画を立てると立てないでは1日の密度がまるで違う。むぅ…やっぱ時間管理の可視化は大切。

3.計画の進捗管理ができていない

さらに進捗管理をしないと、その後、弱点を反省して改善をすることができません。

目標を達成するためには、計画の見える化(可視化)をした後のこの進捗管理がとても大切になります。「計画性」が身につかない人は、この部分が苦手という人も多いようです。

進捗管理とは、作業のスケジュールの進み具合を管理すること

自分自身が設定した目標に対して、どの程度達成できているか/できていないかを確認するだけでも進捗管理になります。

日々改善することは極めて重要で、改善すべき点を徹底的に分析しなければならない

どの程度達成できているか/できていないかを自分自身で知ることにより、その後、どこを改善すべきかが分かるようになります。

進捗管理ができないと、改善がうまくできず、いつまでも同じレベルから脱することができない

計画を達成できているなら、次の目標設定で目標のハードルを上げることもできますし、計画を達成できていないならば、なぜ達成できなかったかという原因を考え、対策を立てることにより、改善につながります。

計画実行を進めていくに当たっては、何事も当たり前だと思わないこと、予想外のことが起こることもある

例えば、ダイエットなら急に友人との会食が入ってしまい予定よりもカロリーを採ってしまうなど、予想外のことが起きることもあります。そうした予想外のことが起きた時に、どこで挽回するか、進捗状況が管理できていれば効率的に対応できるでしょう。

自分が計画に対し、どの程度達成できているか/できていないかを知ることができ、その後、どこを改善すべきかが分かるようになります。

そしてその作業の繰り返しが、より大きな目標を達成しやすくしてくれます。

計画立ててようやく完成できた。 スケジュール管理って大切だね

4.スモールステップを踏んでの成功体験を身につけていない

いつまでたっても同じレベルにとどまっている危険性がでてきます。

日々の小さな積み重ねが、大きな物事を成し遂げるのを可能にする

ここまで見てきた《「目標設定」⇒「計画の見える化(可視化)」⇒「進捗管理」》を日々繰り返し、《小さな計画を立てる⇒小さな目標を達成する》ことを積み重ねることが、大きな目標の達成の実現の近道です。

(スモールステップを踏み成功体験を積むと)自分が計画したことが、それに見合った結果を生むと大きな自信になる

例え小さな目標でも、《小さな計画を立てる⇒小さな目標を達成する》ことは、大きな自信につながります。

1 2