1. まとめトップ

【地獄絵図】2006年と2012年 大阪の駅がゴキブリに埋めつくされたことがあった!

大阪の京橋駅でゴキブリが大量発生し、周囲に大混乱を巻き起こしたゴキブリ事件を知っていますか?その現場は地獄絵図だったようです。

更新日: 2015年09月04日

ken-bo-shitさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
27 お気に入り 381019 view
お気に入り追加

大阪のゴキブリ事件

大阪は特にゴキブリが多く、以前京橋ではゴキブリ事件と呼ばれる事件がありました。

マンホールからゴキブリが出て来た事を不思議に思い、ある日駅員がマンホールの中に殺虫剤をばら撒く事になりました。

マンホールに潜むゴキブリを駆除しようと発射した瞬間、ゴキブリはマンホールの中に逃げ込むのでは無く外に逃げて来る事になりました。その数は一匹では無く、何十匹と言うゴキブリが大量に出て来ました。

2006年、利用客がマンホールからちらほらと出入りしているゴキブリを発見し駅員に伝えると、係員達がホウキを片手に駆除。
駆除してもゴキブリはうようよと湧いてくる。
清掃員がゴキブリが湧いているマンホールの穴に直接殺虫剤を噴射。
殺虫剤から逃げ出そうと、一気に湧きだした。
十匹程だったゴキブリが百匹近くに膨れ上がってしまった。

誰かが京橋での撮影をしてたらしく、動画投稿サイトにアップされた。
2ちゃんねるの人々は 『京橋ゴキブリ駆除オフ会』
を開催した。
100人以上のネット住民が参加した。
京橋駅広場にあるマンホールの穴を、一ヶ所以外ガムテープで密封。
残った穴に袋を張り付け、殺虫剤で奴らをおびき寄せて退治。
しかし、この作戦は見事に失敗。
僅かな隙間からウジャウジャと湧いてきた為、再び京橋駅はパニックに陥った。
この騒動は、リーダー格の人が警察に厳重注意されるという形で幕を閉じた。

普段は人目につかない場所にいるゴキブリが、流れ込んだ雨水で行き場を失い、マンホールから大量発生したという。

この日近畿地方は、1時間に50~70ミリの激しい雨が降り、低い土地での浸水や河川の増水が警戒された。地下街のある難波も、マンホールから大量の雨水が流れ込み、潜んでいたゴキブリがあわてて飛び出したようである。

棲家!

湿度、餌、暗さ・・・・ゴキブリの繁殖には十分すぎる条件です。
マンホールや下水にはゴキブリはやはり多いようです。
レスキュー隊の話では緊急時にマンホール内にゴキブリが大量に居た場合、高圧洗浄で退治するようです。

1





ken-bo-shitさん

ファッション、古着、映画、音楽を中心にまとめたいと思います。
でも基本は思いついたことです!!