1. まとめトップ

2006年と2012年 大阪の駅がゴキブリに埋めつくされたことがあった!

大阪の京橋駅でゴキブリが大量発生し、周囲に大混乱を巻き起こしたゴキブリ事件を知っていますか?その現場は地獄絵図だったようです。

更新日: 2019年02月01日

28 お気に入り 483151 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ken-bo-shitさん

大阪のゴキブリ事件

大阪の京橋駅で起こった事件の一部始終はユーチューブにもアップされ、大騒ぎになりました。

ある日、利用客がマンホールからちらほらと出入りしているゴキブリを発見。駅員に伝え、係員達がホウキを片手に駆除を開始。 しかし、駆除してもゴキブリはうようよと湧いてくる。

なんと、奴らは殺虫剤の猛威から逃げ出そうと、一気に湧きだした。 殺虫剤が逆効果となってしまったのだ。 始めは十匹程だったが、瞬く間に百匹近くに膨れ上がってしまった。

京橋駅の辺り一面がゴキブリだらけになり、人々がパニックに陥ったという事件。

▼その後、ゴキブリ退治のオフ会が開かれ

マンホールの穴のうち、一箇所以外を塞ぎ、一つの穴にはビニール袋をかぶせることで袋に捕獲する作成が実行されました。

大阪の京橋駅でゴキブリ退治をするオフ会の騒動すごく好きだった。

マンホールの中には大量のゴキブリがいて、それを駆除するオフ会の話でもしようかな。 ちなみに場所は大阪の京橋

JR大阪環状線・JR東西線・JR学研都市線・京阪電車が通る京橋が、某巨大掲示板のせいでゴキブリの街というイメージがついてしまったが、2006年に行われた例のオフ会は、みんなでゴキブリを大阪の街から駆除しようという善意がああいう結果になった訳であって、悪ふざけではなかったと願いたい

▼そして2012年…

普段は人目につかない場所にいるゴキブリが、流れ込んだ雨水で行き場を失い、マンホールから大量発生したという。

この日近畿地方は、1時間に50~70ミリの激しい雨が降り、低い土地での浸水や河川の増水が警戒された。地下街のある難波も、マンホールから大量の雨水が流れ込み、潜んでいたゴキブリがあわてて飛び出したようである。

▼ゴキブリにとってマンホールとは・・・

マンホールの穴に殺虫剤を シューっとすると 気持ち悪いくらい ゴキブリがでて来る

新居住宅街だけど虫出るかなー 怖いわー マンホールからゴキブリ出て来たら怖いわー

1