1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

イスラム過激派、習近平氏を標的説 ウイグル弾圧に激怒 報復宣言」

習近平国家主席率いる中国に、イスラム過激派組織が狙いを定めた-という衝撃情報が入った。新疆ウイグル自治区でのイスラム教徒弾圧に反発して、報復を模索しているというのだ。(後略)
https://japanandworld.net/archives/898

ウイグル自治区の豊富な資源が搾取されている
ウイグル自治区が核実験場となっている
漢民族がどんどん流入してきている
ウイグル語の使用制限がある
宗教(イスラム教)への制限がある
ウイグル独自の文化が破壊されつつある
政治的な発言権がない又は少ない
当局による不当と思える逮捕・拘束がある

中国が厳しくする訳

なぜなら、弾圧されているウイグル族の人々と、テロ組織が結びつき、民族独立への動きが活発化することは、他のチベット問題や、台湾の独立問題にも、飛び火する可能性があるためです。

新疆 #ウイグル 自治区 という地域はかつては東トルキスタンという独立国家でした。1949年に中共によって独立は奪われました。以来中国政府によって多くのウイグル人の生命のみならず、言語、文化、宗教が消し去られ民族浄化が行われています。

中国当局は、新疆ウイグル自治区に大量の漢族を移住させ人口比を逆転させようとしており、政治や経済といった重要な分野では漢人が大きな影響力を持っています。また中国は建前上、宗教を否定する社会主義国家なので、イスラム教の活動について常に監視下に置いています。このため一部の住民は中国の統治に対して強く反発し、中国からの分離独立を主張しています。

自治区の半数がイスラム教徒

 新疆ウイグル自治区は中国の西端に位置し、人口約2000万の半分がイスラム教徒のウイグル族で占められている特殊な地域です。中国が王朝だった時代には、中国やモンゴル遊牧民族の圧力を受けながら独立と従属を繰り返していました。この地域にある楼蘭という古都はシルクロードの舞台としても有名な場所です。しかし1949年に中国共産党が政権を握って以降は、完全に中国に併合され、1955年に新疆ウイグル自治区という名称になり今に至っています。

軍事的に重要な地域

 中国はチベットでも同様の問題を抱えており、10月には国連人権理事会が中国に対してチベットやウイグル自治区などにおける少数民族の権利保護を求めました。しかし、中国側は「国を分断するような行為を受け入れることはできない」と主張し、反体制活動を弾圧するのは正当な行為であるとの立場を崩していません。かつて西側諸国は、中国のこうした人権弾圧を強く批判していましたが、現在では大国となった中国との経済協力を優先し、これらの問題については黙認しています。

結婚式準備で惨劇か、中国新疆ウイグル自治区の14人射殺 6人が女性 2013.12.20 11:56 米政府系放送局ラジオ自由アジアは20日までに、中国新疆ウイグル自治区のカシュガル地区 コナシャハル県で当局が住民14人を射殺した事件は、来月に控えた結婚式の打ち合わせを していたウイグル族の民家で起こったとの住民の話を伝えた。 中国当局は射殺されたのは「暴力テロ集団」としているが、亡命ウイグル人組織「世界ウイグル会議」 のラビア・カーディル主席は「治安当局が無差別発砲した」と批判している。 ラジオ自由アジアによると、別の事件の捜査で民家に入った警官が、ウイグル族の女性が着用 していたスカーフをまくった。これに女性の親族が反発して警官を襲ったため、射殺事件が 起こった。射殺された14人のうち6人は女性という。 自治区ではイスラム教徒の女性にスカーフ着用を禁じるなどの民族抑圧策が行われている。

1