スピルリナは、最古の植物ともいわれる藍藻類の一種で、その成分の60~70%が、人体では合成されない必須アミノ酸をすべて含む良質なたんぱく質からできており、免疫力を高め抗酸化作用のあるカロテンや、ビタミンB群を多く含み、ミネラルも豊富です。
これらがしっかりと体に働きかけ、ダイエットや生活習慣病にも効果を発揮します。

出典スピルリナ | 成分情報 | わかさの秘密

前へ 次へ