1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「余命半年」宣告されても今を生きる 21歳の美女が命をかけて伝えたいこと

19歳にして肝腫瘍で余命半年宣告をされながらも転移や再発と戦い、日々を全力で生きる21歳の美女、山下弘子さん。彼女は生きる希望を失うことなく精力的に講演活動を続けている。彼女が命をかけてみんなに伝えたいこととは・・・

更新日: 2014年08月06日

1452 お気に入り 1727469 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tame2000さん

それは大学1年生の時だった

大阪女学院卒業後、立命館大学に進学しましたが、大学1年生の時に右胸に激痛を覚え、たまたま診察を受けた町医者に肝臓に問題があることを指摘されました。

大学病院で精密検査を受けたところ、巨大肝臓がんが発見され、余命半年を宣告されてしまったのです。

出典ameblo.jp

10歳まで中国で生活をし、日本語を一から勉強しました。大阪女学院高校で価値ある三年間をすごしたのち、無事に立命館大学法学部合格しましたが、普通の大学生から一転して巨大肝臓ガンで余命半年宣告。奇跡的に助かったものの、転移転移、また転移、今なお肝臓ガンと肺がんを持ちながらも毎日明るくハイテンションで世界中を飛び回ったりしながら闘病中です。

2kgもあった巨大な癌を切除し、肺への転移にも持ち前の前向きな姿勢でその宣告を克服

奇跡的に助かったものの、転移転移、また転移、今なお肝臓ガンと肺がんを持ちながらも毎日明るくハイテンションで世界中を飛び回ったりしながら闘病中です。

それでもいろいろなボランティア活動や講演会をされていらっしゃるようです。

抗癌剤で髪が抜け落ちても前向きに

実は、1年前の抗がん剤を使い始めた時から、「命が助かるのなら、髪の毛くらい差し上げる!」ってずっと思っていたのですが…
いざ!本当に抜け始めると、自分が想像している以上に心のダメージが大きかったです。

バッサバッサ抜けて行く髪の毛を見て、今までにないほど号泣したそうです。

私が「500円ハゲに負けんなよ!」って書いたら、返信に「500円ハゲならよかったのに、まさかの全体ハゲらしいです(笑)でも、負けません!」って綴ってありました。

友「かわいい紫色のズラ、プレゼントしたるやん( ̄▽ ̄)(笑)だから大丈夫!」
弘子「そのコメント見て、再び泣きそう(笑)」
友「アフロがいい?(笑)選ばしたろ( ̄▽ ̄)(笑)」
弘子「じゃ、紫のアフロで!まじでくれよ~(笑)」
友「おけ!(注:OKのこと)楽天で探しとくわwいつでも配達したる ( ̄▽ ̄)

女学院出身の仲間がこんな風に彼女にコメントして励ましていました。

医療用ウィッグ写真集寄贈プロジェクト用の
撮影にも協力

闘病中ながらも精力的に講演活動をする彼女

今も元気に(というか活動的に)笑顔を絶やさずに、中学や高校を訪問し、「生きていることの素晴らしさ」などを伝えている。

「余命半年と言われながら,今を一生懸命悔いなく生きる」

時間は誰にも無限にあるわけじゃない、死と隣り合わせにいながらも、今生きていることを大事にしていきたいです。落ち込んでいる暇があれば、思いっきり楽しみたいです!限りある命の中で、今自分に出来ること、自分にしかできないこと、やらなければいけないことを頑張りたいと思います。もちろん、人生を楽しむことを忘れずに!

学校訪問して必ず生徒に聞くこと

①今日、家を出るときに家族に「行ってきます!」と元気に別れてきましたか?

そこには、いつ急に死ぬようなことになっても後悔しないようにという願いが込められている。

彼女が命を賭してもみんなに伝えたいこと

どんなことにも感謝すること

後悔しそうなことはできるだけしない、でもやってしまったときはしっかりと受け入れ反省し、次にいかすことができるように。

今すべきことをする。

落ち込んだ時はとことん落ち込む、そうすれば、立ち直りが早いから。

現実から目をそむけるのではなく、現実をありのまま受け入れる。悲しいときは悲しい、絶望な時は思いっきり泣けばいい。けど、そのままずっと落ち込んだ状態ではなく、ちゃんと前向きに立ち直ること。

人間は確実に死に向かって時間を過ごしている。
もしかしたら、突然に死が訪れるかもしれない。

1 2