1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

chocondさん

まず汗ってなあに?

汗(あせ)とは、哺乳類が皮膚の汗腺から分泌する液体である。およそ99%が水であるが、さまざまな溶解固形物(主に塩化物)も含む。
汗は主として体温調節の手段であるが、男性の汗の成分はフェロモンとしても機能するという説もある。

基本的には水!そしてフェロモンかもしれない!

なんで汗をかくの?

人は常に一定の体温を保った恒温動物です。
体温は、おおよそ36度前後に保たれています。

体温が大きく変動してしまうと、
体が正常な機能を維持できなくなってしまうのです。

30度前後から40度前後まで体温が変化すると、
生命の危険にさらされてしまいます。

このように体内で熱が生産されたときに汗をかくことによって
熱を放出させてバランスをとり、体温を一定に保っているのです。

いい汗と悪い汗があるらしい…!

・良い汗

・ミネラル分などを再吸収する機能が働いているため、
さらっとした水に近い状態で、嫌な臭いもほとんどしません。

■特徴

・汗の粒が小さい
・臭くない
・舐めても味がしない

いい汗は99%水の部分なんでしょうね

・悪い汗

・ベタベタした大粒の汗で蒸発しにくく、
雑菌の繁殖が起こりやすく汗のにおいも強くなります。

■特徴

・汗の粒が大きい
・乾きにくく、肌トラブルを招く
・舐めるとショッパイ味がする

こっちが残り1%のその他の成分なのでしょうか

食事で汗かき体質が変わる!?

多汗にタイ料理はNG! 

 多汗は、交感神経が働きすぎるために起こります。それゆえ、交感神経をさらに活発にする刺激の強い食品は避けましょう。辛いものだけでなく、酸っぱすぎたり、甘すぎるなどの味の濃いものも避けましょう。タイ料理はその典型です。

タバコやコーヒーも控えめに

同じく交感神経に影響するカフェインやニコチンもNG。コーヒーやタバコなどは、控えたほうがいいでしょう。また、水をとることは生命活動において重要ですが、とりすぎは汗の原因となってしまいます。暑いからといって、水や冷たい飲み物のがぶ飲みはいけません。口に湿り気を与え、潤いを感じながら飲むのが水の正しい飲み方です。

汗対策にはイソフラボン食品を! 

交感神経を抑制し、副交感神経を刺激するためには、「イソフラボン」を含んだ食品が有効です。
女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする「植物性エストロゲン」を含んでいるため、自律神経系を整える役割をしてくれます。
豆腐や納豆などは、ぜひ積極的に摂ってください。

アボカドや山芋も効果アリ

ザクロも同じく女性ホルモン食品として知られていますが、意外なところでは「大葉」や「もやし」「アボカド」などもいいでしょう。特にアボカドは、食物繊維も大量に含有しているので、女性にはオススメです。そのほか、副腎から分泌されるホルモン「DHEA」の成分を含む山芋も、自律神経系の調節には効果が期待できます。

ハーブも効く

リラックス=副交感神経を優位にする効果のあるハーブも取り入れるといいでしょう。ラベンダーやローズ、ジャスミンなどがそれにあたります。ハーブティーを飲んだり、入浴剤やアロマオイルで香りを楽しむのもOKです。

汗対策にバッチリないろいろなグッズ!

汗取りインナーで脇汗対策

オススメなのが、汗取りインナーの着用です。
汗を吸収するパッドが最初からインナーに付いているので、
洋服に汗ジミパッドを後から取り付けたりする必要がありません!

脇汗対策用のキャミソールも色々な種類が出ていますが、
汗をたくさんかく人は上記のでは間に合わないことも・・・。

そんな大汗さんのためのインナーも最近は出回っていますので、
ご自分の汗の量を考えて選ぶことをオススメします!

直貼り汗取りシート

直貼りでしっかり吸収!汗とムレにアタック。
ワキに直接貼る、吸水性の良い汗とりシート。直接肌に貼るからズレにくく、汗をダイレクトに吸収します。伸縮性があるテーピング素材なので、フィット感も◎。

ミョウバン水で脇汗対策

ミョウバンとは、食品添加物として聞いたことがあるかと思います。
ミョウバンには、殺菌作用・消臭作用・制汗作用があり、
実はかなり古くから制汗剤として使われてきたものなのです。

【ミョウバン水の作り方】
1.ペットボトルに1500㏄の水道水、焼きミョウバン50gを入れて軽く振る。
2.そのまま1~2日間放置する。
3.白濁色が透明な液体になればOK。

冷却バンダナ

顔や頭の汗かき対策は、首筋を冷やすこと。
出来れば手軽に冷やせる方法が大事です。

水分を含ませるだけで、簡単に涼を得られるもので、
水分さえあれば、どこでも使えるのが魅力です。

気化熱を利用したものであり、その大半が
洗濯が出来るので衛生的にもよいグッズといえます。

出典http://トレンド豆知識.com/3395.html

1 2