くる病は、成長期(骨の発育期)の小児でカルシウムが骨に沈着せず、軟らかい骨の組織が増加している状態。多くの場合、骨の成長障害、骨格や軟骨部の変形を伴う。足に加重が掛かり、O脚になる幼児が多い。

出典放射能恐れ? 外遊び減り、乳幼児にビタミンD欠乏性くる病…+(1/3ページ) - MSN産経ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

栄養欠乏としてのビタミンDが招く「くる病」が増加・症状と予防は?

「くる病」という言葉はTVや雑誌で何度か聞いたこと事もある人もいると思いますが、発病するのは生後3カ月から6歳くらいまでの乳幼児が発症しやすく、日光浴とビタミンDなど環境や栄養面から予防できるという。

このまとめを見る