カルシウムが骨に沈着せず、骨の中に軟らかい組織(骨もどき)が増加している状態をいいます。セメントが固まっていない、ドロドロとした鉄筋コンクリート建造物を想像するとわかりやすいかもしれません。

出典赤ちゃんに日光浴を!骨の成長を妨げる「くる病」の予防策 | JIJICO [ジジコ] | 専門家による時事ネタコラム

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

栄養欠乏としてのビタミンDが招く「くる病」が増加・症状と予防は?

「くる病」という言葉はTVや雑誌で何度か聞いたこと事もある人もいると思いますが、発病するのは生後3カ月から6歳くらいまでの乳幼児が発症しやすく、日光浴とビタミンDなど環境や栄養面から予防できるという。

このまとめを見る