ビタミンDを多く含む食品は卵、魚類ですが、アレルギー疾患の増加に伴い卵の摂取を控えることが増加したことや、魚離れが再度増加してきたことが原因の一つです。

出典ビタミンDとくる病 | くる病とは | くる病 | 疾患情報 | 骨系統疾患コミュニティサイト

また、日光照射による皮膚障害を過度に忌避する最近の風潮も原因となっていると思われます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

栄養欠乏としてのビタミンDが招く「くる病」が増加・症状と予防は?

「くる病」という言葉はTVや雑誌で何度か聞いたこと事もある人もいると思いますが、発病するのは生後3カ月から6歳くらいまでの乳幼児が発症しやすく、日光浴とビタミンDなど環境や栄養面から予防できるという。

このまとめを見る