1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

gfrgehyydaさん

近ごろ、本屋に立ち寄ると、気恥ずかしくなる。店頭に「日本人はこんなにすごい!」という
「自画自賛本」が平積みにされているからだ。この国から「奥ゆかしい」とか「謙虚」といった
感覚が急速に消えていっているように感じる。だが、そうした違和感を口にすると、
どこからか「自虐だ!」という悪罵が飛んできそうだ。いったい、これは何の表れなのか。
日本社会の美徳が崩れてはいないか。 (荒井六貴、林啓太)

日本社会に広まる「自画自賛症候群」、背景に韓中の成長

日本人はたとえ表面上だけであっても、謙虚さを失わないことを「最高の美徳」としてきた。この謙虚さは経済力と共に、世界で日本が尊敬される重要な要素でもあった。ところが、その日本の美徳が急速に失われようとしている。世界で日本は最も優れていて、最も尊敬される国だと触れ回る「『自画自賛』症候群」が日本社会に広がっているためだ。

嫌韓・嫌中」書籍を相次いで出してきた日本の出版各社は最近「日本はなぜ美しいのか」「日本は世界から尊敬されている」「世界が絶賛する日本人」「日本人に生まれて良かった」といった類いの本を競い合うようにして出している。日本の優越性を強調する内容の中には、とんでもないものも多い。イギリス在住の日本人が書いた『日本はイギリスより50年進んでいる』という本は「イギリスに住んでみたら、日本は天国だった」という内容になっている。著者は「イギリス人は肥満だが、日本人はスリムだ」「ロンドンには慢性の交通渋滞があるが、東京はそうではない」といったことを日本が優れている根拠として挙げている。

イギリス在住の日本人が書いた『日本はイギリスより50年進んでいる』という本

ひどいな、まるで日本が嫌ってる国とやってることはまったく同じじゃないか

日本の優越性を証明するためなら外国人も動員する。人口3万人という小国サンマリノ共和国の駐日大使であるマンリオ・カデロ氏が書いた『だから日本は世界から尊敬される』は、天皇制や靖国神社に対し賛辞を並べ立てている。経済専門家らもこれに加わり、『そして日本経済が世界経済の希望になる』『負けない日本企業 アジアで見つけた復活の鍵』『もしも日本が消えたなら』といった本を出版している。


 NHK BSは毎週『cool japan発掘! かっこいいニッポン』という番組で、外国人による「日本賞賛リレー」を放送している。日本テレビ、テレビ朝日はバラエティー番組にも外国人を多数出演させ、日本が住みやすい国であるということを強調している。

こうした動きに火を付けたのは政界だ。安倍晋三首相は「美しい国、日本」「この国に生まれたことを誇りにできるようにしたい」という言葉を口癖のように言い続けている。


 東京新聞は30日「近ごろ日本を覆う『自画自賛』症候群は何の表れか」という記事で「近ごろ、本屋に立ち寄ると、気恥ずかしくなる。店頭に『日本人はこんなにすごい!』という『自画自賛本』が平積みにされているからだ。この国から『奥ゆかしい』とか『謙虚』といった感覚が急速に消えていっているように感じる。だが、そうした違和感を口にすると、どこからか『自虐だ!』という悪罵が飛んできそうだ」と書いた。新潟青陵大学大学院の碓井真史教授は「日本が圧倒的な経済力と技術力を誇っていた時代には謙虚さがあったが、大震災や原発事故、韓国・中国の台頭で余裕がなくなった」と分析した。恵泉女学園大学の高橋清貴特任准教授は「日本の自画自賛は周辺国に対する隠れた優越意識をあらわにしたもの」と話している。

「日本人はなぜ美しいかな」、「敗れない日本企業」、「日本人に生まれて本当に良かった」、、。

 東京の書店を訪問すると、このように日本の良さを強調するようなタイトルの本が本当に目立つ。おいしい食べ物や技術を紹介しながら「日本でなければできないだろう」と強調したり「やはり日本」という修飾語を付けるなど特に日本を強調していることを感じるようになる。

 政界も例外ではない。安倍首相は「美しい日本」をスローガンにかけ自己肯定を強調している。
 日本軍慰安婦動員の強制性を認めた河野談話の修正・廃棄を主張する右翼政治家が歴史問題に対する反省を強調することを「自虐史観」の対象と見なしていることなどを意識している様に見える。

このような過度の自己肯定が韓国と中国に対して最近顕著な嫌悪の感情となって対比されると分析する。

 日本の教授「以前は反中・反韓感情が少なかった。日本が経済力や技術力で中国と韓国を圧倒していたからだ」と述べた。

今の日本は、保守化、右派の影響力が高まっている。その背景には、韓国、中国への感情悪化だけでなく、リベラル、左派の魅力のなさ、ストーリーのなさがある。今の日本のリベラルに、欠けているものは何か、どうすれば国民の心をつかむことができるのか。社会活動家として最前線で戦ってきた湯浅誠氏が、論客との対談を通じて、「真のリベラル」の姿を探る。3人目の今回は、「純粋なる保守主義者」であり、ネット上の最強の論客として知られる、やまもといちろう氏との異色対談。

1