1. まとめトップ
  2. カラダ

このトレーニングメニューをこなせばアナタもCロナウドになれるかも

株式会社MTGが販売している顔を筋トレさせるグッズ・フェイシャルフィットネスPAOのプロモーションで来日しているレアルマドリードのCロナウド選手。とんねるずの食わず嫌いに出演した際に見せた肉体美が「すげえ筋肉」と話題になっています。

更新日: 2016年06月18日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1072 お気に入り 633069 view
お気に入り追加

食わず嫌いでロナウドが見せた筋肉がヤバい

ロナウドかっこよすぎたね♡ 筋肉やばすぎ♡カトパンの可愛さもやばかったけどほっぺにちゅーはずるい♡笑 いやぁもうかっこいい♡ pic.twitter.com/n4Pd64VK09

ロナウドかっこよすぎた… あんな筋肉見せないでよ(笑) あー倒れる(笑)

■美しい筋肉はトレーニングの賜物

練習の虫と言われるほどトレーニングに集中するというクリスティアーノ・ロナウド

筋トレがものすごく好きなのだそうで、サッカーに関しては練習の鬼としてなかなか有名ではありますが、実は筋トレに関してもかなりの鬼だそう

■めちゃくちゃ筋トレしてるらしい

恥骨炎の予防のために、腰回りのトレーニングだけで1時間を費やす

グラウンドでもジムでも誰よりも時間を掛けて入念にトレーニングを行う同選手について、チームメイトは口を揃えて「まるでマシーンのようだ」

ある選手が遠征先のホテルで部屋を訪れた際にも、C・ロナウドはTVを見ながら腹筋をしていた

▼ロナウドのトレーニングメニュー

スクワット(150kg) 6回×4セット

スクワットは股関節の大殿筋(おしりの筋肉)を鍛えるのと同時に腹筋や背筋などの体幹も鍛えられるトレーニングです。動画では8回になっていますが、ロナウドになりたい人は6回でOKです。

ベンチプレス(100kg) 6回×4セット

ベンチプレスは大胸筋、いわゆる胸板の部分を鍛えると同時に、上腕の裏側にある上腕三頭筋や肩の筋肉である三角筋を補助的に使うので、胸・肩・腕をまとめて鍛えられるトレーニングです。

クリーン(75kg) 6回×4セット

下腿三頭筋や大腿二頭筋や脊柱起立筋、僧帽筋や三角筋や前腕筋を鍛える事ができるトレーニング。動画では40kgですが、ロナウドになりたい人は75kgにチャレンジ!

レッグプレス(200kg) 6回×4セット

レッグプレスは、腰や背中に負担を掛けることなく太ももや尻を鍛えることが出来るトレーニングです。腰を痛めていてスクワットが出来ないときなどは、このレッグプレスで脚を鍛えるとよいでしょう。

デッドリフト(200kg) 6回×4セット

デッドリフトは同時に鍛えられる筋肉の数がとても多く、筋肉の名前で言うと脊柱起立筋、広背筋、僧帽筋、大臀筋、ハムストリングス、これだけの筋肉が鍛えられます。

ショルダープレス(70kg) 6回×4セット

三角筋を鍛えるためによく行われるのがこのショルダープレス。ダンベルの場合左右が独立している分、左右の筋肉をバランスよく鍛えられます。

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします