1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

オフィスに“グリーン”を取り入れると、いいことずくめだった!

緑をたくさん取り入れたオフィスは、オシャレなだけじゃなく、仕事上にもいいことずくめみたいです。

更新日: 2014年07月31日

porottoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
493 お気に入り 108501 view
お気に入り追加

オフィス全体の雰囲気が、仕事効率に影響していた?!

仕事をするときのクリエイティビティを左右するのは、デスクの整頓具合だけではありません。オフィス全体の雰囲気も、仕事効率に影響することがあるのです。

オフィスに“グリーン”を取り入れることで得られる様々な効果

室内に植物を配置することで人間の快適性を向上させるということはグリーンアメニティと呼ばれており,注目を集めている。

その1ーストレス緩和&癒し効果

従業員のストレスを減らし、集中力と満足度をすぐにでもアップさせる方法があります。それは、オフィスの「緑化」をはかること。

ストレスを抱えた人が自然の風景の中で時間を過ごすと、そのストレスが緩和される

米デラウェア大学のスーザン・バートン教授の論文より

自然の景色は不思議なことに私たちの心に安らぎを与えてくれます。 そして、その記憶をインナーネイチャーといいます。

観葉植物や、草花をみたとき、インナーネイチャーと結びつき、ストレス解消や、疲れを癒す効果を生み出すのです。

観葉植物を上手に配置することによって、心もカラダも癒されて、ストレス解消にも繋がっていく

その2ーリラックス&コミュニケーションの活性化

花や緑には、緊張をほぐし気持ちを安らげる効果や、コミュニケーションの機会になることで、人間関係が円滑になる効果もあります。

「皆さん、口を揃えて言います。『オフィスにグリーン(観葉植物)を取り入れるだけで、こんなにもリラックスできるとは思いませんでした』って。社内のコミュニケーションも増えて、雰囲気が良くなったという声もよく聞きますよ」

私たちの日常生活にも、自然の緑を簡単に取り入れることができます。観葉植物や、草花を身近に置くことで、癒しの効果を手に入れることができます。

その3ー眼性疲労を減らし集中力をアップ

緑のある空間は集中力を高める

先ほどのバートン教授が述べています

植物により、豊富に酸素が供給されることで、脳は活性化され、頭の回転が良くなります。職場内に植物を置くゆとりのレイアウトを行うことで、スタッフの集中力UPにもつながるでしょう。

パソコン画面を見る仕事中に、植物のある場合とない場合を比較し、植物があったほうが眼性疲労が小さいという実験結果も確かめられた。

観葉植物の大半は、緑色をしています。この緑というカラーには、目の疲れを柔らげたり、大脳皮質の働きを活性化するといわれています。

[参考]NYで最も緑の多いオフィス・ビル?

植物を効果的に使ったレイアウトで、職場環境の向上を目指しましょう!

1





porottoさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう