1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

gfrgehyydaさん

ユダヤ系アメリカ人の指導者でありラビでもあるヘンリー・シーグマンの生い立ちを考えると、現在のガザ攻撃を通して
1948年のイスラエル建国を語る彼の主張に驚くかもしれません。
1978年から1994年までシーグマンは、米国ユダヤ人組織の中でも最も影響力の強い「ビッグ・スリー」と言われる
アメリカ・ユダヤ人委員会(American Jewish Committee)の委員長と名誉毀損防止連盟(the Anti-Defamation League)の会長を務めました。

ここ数日、イスラエルの攻撃は激しさを増している

ガザの保健省によると、ガザの死者数は29日夜までに1210人に達した。子どもが287人を占める

彼はドイツでナチスが権力を握る1933年の3年前に生まれ、結局家族とともにアメリカに逃れました。彼の父親はユダヤ人国家を作ろうとした
ヨーロッパのシオニズム運動のリーダーでした。ニューヨークでシーグマンは宗教学を学びイェシバ・トーラー・ボダスによって
ユダヤ教正統派のラビに任命され、後に米国ユダヤ教議会(Synagogue Council of America)の議長に就きました。アメリカ・ユダヤ人委員会の後、
シーグマンは外交問題評議会(Council on Foreign Relations)の上級研究員になり、現在は米国中東プロジェクトの会長です。

二部から形成される第一部のシーグマンのインタビューでは、ガザへの攻撃、1948年のイスラエル建国についての誤った神話、
ナチスの占領を逃れたドイツ系ユダヤ人難民としての彼自身の背景と、後にユダヤ系アメリカ人を代表する声となり、
現在はイスラエル占拠地域の政策を声高に非難することとなった経緯について語ってくれます。

7月8日の空爆から始まったイスラエルのガザ地区への攻撃は29日までに死者が1100人を超えた。ほとんどが巻き添えになった市民である。容赦ない攻撃の背後には「1人殺されたら100人殺す報復」とも言われるイスラエルの強硬姿勢がある。元テレビ朝日カイロ支局長の川村晃ニ氏は「かねてからイスラエルはこの方針で臨んでいると駐日大使から聞いた。言葉通りの軍事作戦が展開されている」という。

ガザ、学校にまた砲撃19人死亡 死者1300人超に

【エルサレム共同】パレスチナ自治区ガザ北部で国連が住民の避難所として開放している学校に30日早朝、砲撃があり、少なくとも19人が死亡した。ガザの当局は同日、8日に始まった戦闘によるガザの死者が1300人を超え、負傷者は7千人以上になったことを明らかにした。

 学校砲撃について国連の地元当局者らはイスラエル軍の戦車が攻撃したと指摘、イスラエル軍報道官は「学校付近から迫撃砲を発射され、部隊が応戦した」と述べた。

 ロイター通信によると、イスラエル軍は30日、ガザ東部の市場近くも攻撃し、15人が死亡、160人が負傷した。

またって・・・・・・・・・・・なにかんがえてんだ

学校、難民キャンプ、国連施設…被害も無差別

「もし誰かが、シオニズムの夢はテレビで見るスケールの無実の人々の虐殺に支えられており、それがイスラエルが
 生き残るために必要なことであると考えるなら、これは非常に深い、深刻な危機です。そして、これはイスラエル国家の
 建国と成功のために働いた我々全員にとっても重大な危機なのです」とシーグマンは言います。

イスラエルは米国に後押しされ「武装勢力がロケットを自国へむけて発射することを容認する国はないだろう。
 イスラエルのガザ地区への攻撃は必要だ」と主張しています。しかしシーグマンは
「この理由に説得力がないのは、どの国のどの人民もガザの人々が強制的に追い込まれたこの環境で暮らしていないということです...
 イスラエルが犯す行為の道徳的な問題は、まず第一に、イスラエルが人命を破壊する今のような惨事を防ごうとしてきたのかということです。
 このような犠牲を払わない方法はあったのだろうか?もちろん、あった。彼らは占領を終えることも出来たのです」

1